« テセロンセミナー無事終了! | トップページ | ブラッスリー・マノワ 子羊づくし »

2008年9月14日 (日)

自家製焼きトウモロコシ スープ

  • 039 040 042 041 044 045 046 053

  

 

 

 

夏も終わりじめじめした日が続きますけど如何お過ごしですか?

さて、皆さんは、“焼きトウモロコシ”というと何を思い出されますか? ……海 の家でほおばる、バーベキューパーティで肉と一緒に食べる、縁日の出店で……なんて方が多いのではないでしょうか。 しかし! 焼きトウモロコシは、外で食べるものと決まっているわけでは在りません。 と、そんなわけで今回、BARオーディンでは、その焼きトウモロコシにトライしてみました。 私が作るということは……、当然、市販のトウモロコシなんか使うわけはありません。 当店御用達の自然食品専門店、広尾のナチュラルマートの有機栽培トウモロコシ、これしかない。 このトウモロコシの皮と髭を剥き、七輪を用いて、炭でじっくりふっくらと焼きあげる。 そんな“こだわりの逸品”にしなければ、意味はないのです。さっそく、ナチュラルマートでトウモロコシを購入。 焼くぞ!ただ、これを店内でやると、いくら業務用のキッチンとはいえニオイが籠もってしまいますので、 仕方なく、暑い最中に裏口の階段で焼くことにしました。当店御用達の「丸島の醤油」を刷毛で何度も塗り、輪で焼いていく。 併せて茄子も焼きます。 なぜ茄子かって……それは後ほど しかし、この刷毛で醤油を塗った時の醤油の焦げた香り。 いや~、この懐かしい香りは本当にたまりませんね。ですがどこか違うのです。多分醤油が違うのでしょう。縁日の焼きトウモロコシに使う醤油は○ッ○ー○ンです。アルコール添加や化学調味料が添加されている醤油風味の醤油ですからねそれと比べるとかなり香ばしい香りです。 大豆の香りが生きた香りです。ちなみに焼き担当の従業員は、  「トウモロコシを焼くのは、学生時代に、友達の縁日の屋台を手伝って以来ですよ。でも……、これってそもそもバーテンダーの仕事じゃないんじゃぁ……」

でもやはり昔やっていた杵柄だけあって内輪を腰にさす姿が様になっています。 そんな部下の戯言は無視するに限ります(そんなことを気にしていては、ウチの従業員は務まらないのだ!)。 トウモロコシがこんがり焼き上がりました。 これを包丁を使って丁寧に実だけを取ります。 茄子は冷まして皮を剥いてゆきます。 ここで完成? いやいや、実はここからが本番なのですぞ、 庖丁で取った焼きトウモロコシの実を、ミキサーに入れてよ~く混ぜます。 シノワで漉して、塩・胡椒して牛乳で伸ばし、デミタスカップに入れます。 その上に、先ほど皮を剥いた焼き茄子をサイコロ状に切って浮かべます。 仕上げに色味と風味付けにパセリを振りかけて、“絶品トウモロコシスープ”の完成です!さっそく、当店常連の某変態雑誌編集者の方に出してみました。「う~ん旨い! 右上40度に、縁日と醤油の焦げた香りがしますなー」との感想。  この人は何なのだろう?

    私も味見しましたが、実にトウモロコシの甘さが引き立っています。 良い出

  来です。 砂糖を使わなくたって、こんなに甘~いスープが出来ちゃうのです。

夏バテでお疲れの方も、お酒で胃が弱っている方も、ぜひ、当店自慢のトウモ

  ロコシスープで心身共に癒やされてみてはいかがでしょうか。

さー 残暑を吹き飛ばすぞー でも暇な毎日(笑)

|

« テセロンセミナー無事終了! | トップページ | ブラッスリー・マノワ 子羊づくし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/23612189

この記事へのトラックバック一覧です: 自家製焼きトウモロコシ スープ:

« テセロンセミナー無事終了! | トップページ | ブラッスリー・マノワ 子羊づくし »