« スコットランドとフランス紀行公記 パート7 | トップページ | スコットランドとフランス紀行公記 パート8 »

2009年1月31日 (土)

200年以上の時を超えて!

恵比寿店で試飲会を開催しました。 今回のテーマは200年です。 えっ? 何それ?と思う方も居ると思いますが 下記の様な感じです。

でっ 幾らなの? と野暮なことを聞く方はどうなのでしょう?

各作り手の説明とテイスティングコメントです。

1. パンチェロー 1944年蒸留 2004年瓶詰め 60年物

2008_015_2

まず60年物のコニャックから。1944年(戦中です)。
映画『プライベート・ライアン』でお馴染み、ノルマンディー上陸作戦の年ですね。
作り手はスゴンザックの老舗・パンチェローです。 
従業員は7人程の小さな作り手です。
社長のサイン入り!あいにく日本は輸入されて居ませんが、
多分日本に輸入されば10万円はくだらないでしょう。

 

外観:琥珀色でクリアーな色 ハワイなどの澄んだ空の夕焼けやスイスの山間の夕焼けの様な

香り:濃縮された干しぶどうの香りと古木の香り 花系ひまわりやあじさい こくのあるディープな

味わい・余韻:口当たりはライトで繊細 ショコラの様な濃い木の風味 後味は蜂蜜の様な甘みと共に若干の上品な苦みが残る 時間が経つと更に甘みがまして ロイヤルゼリーの様な繊細された甘みが残る

2.ブラスタッドティフォン 1905年蒸留 2005年瓶詰め  100年物

2008_012_3 2008_013_3

日本だと25万円もします。従業員は20人程の小規生産の作り手です。長男が社長で弟がマスターブレンダーの家族経営でして、親戚に大手メーカークルボアジェの社長がいるコニャック一族です。兄弟揃って地元では名士です。こちらもサイン入りです。! こちらは古酒を沢山保有しています。最古は1810年だそうですが、ロシア人が来て2万ユーロ(今の円高のレートでも240万円1年前なら340万円)払うから売ってくれと言われたが断ったそうです。

 

外観:赤みのある 紅茶のアールグレイの様な色 非常に澄んだ色

香り:アプリコット・ピーチ・熟成された梅酒の香り 慣れてくると花火の様に大きく香りが広がる

味わい・余韻:極上のスイーツの様な甘みがあるが どこかスパイシーな風味が口先にある。100年とは思えないしっかりとしたボディがあり若々しさが感じる まるでドレスアップした気品溢れるスカーレットオハラの様な気の強い女性がパーティー会場で華々しく踊っているよう。後味は鍾乳洞の氷柱のようにゆっくりと落ちていく。

3.アルベート・ロビン 1808年蒸留 瓶詰め年不明なので何年ものか不明です。

2008_010_2 2008_011_2

瓶詰めの年は不明です。多分戦前・戦中でしょう。
古酒を多く保有している作り手として知られていましたが、近年プルミエ社に吸収されてしまいました。
その後、権利はネゴシアンのプルミエ社に継がれています。
先月プルミエ社を訪問しましたが、既に1900年蒸留の原酒しか在庫がなかった。1808年が幾らになるのか? 現にティフォン社の1810年でも240万円以上でも売らないのですから少なく見積もっても250万円が相場ですね。勿論蔵出しであるのが条件ですが、ですが蔵であるアルベート・ロビン社自体が既に違う会社になっている訳なので正に幻のコニャックと言っても過言ではありません。
因みに1808年は間宮林蔵が樺太を発見した年でして翌年の1809年に間宮海峡と発表されました。江戸時代ではおっとせい将軍と言われている第11代将軍徳川家斉の時代です。

外観:かなり濃い茶色 カカオ70%以上のダークチョコレートの様 琥珀色の典型だがどこか濁っている様な気がする

香り:上等なボルドーの5大シャトーの様な風味 しいて言うならマルゴーの1947年に似ている。 酸味が感じられるのは他とはセパージュが違うせいか? 香りを肺に入れると落ち着く 枯れ草の香りや古い蔵のウエット感 どこか郷愁が感じる懐かしい香り

味わい・余韻:典型的なフィロキセラ前の味非常に濃い! 躍動された風味が口の中一杯広がる 囲炉裏の古木のような雰囲気がたつ ある意味ではコニャックらしくないかもしれないが本当はこれがコニャックそのものの味で古き時代が垣間見る。 世界遺産の建物や国宝の絵画のごとくをこの手に触れたの如く余韻があり 他のコニャックとは別物!正にフィロキセラ前の妖怪と言っても過言では無い。

最後にテイスティングコメントに関しては私の平凡な頭より感性と想像性豊富な方で私が講師をしているワインスクールアカデミーデュヴァンで 生徒でもある ○野さんの意見を多少取り入れています。 このブログ上で感謝致します。ありがとうございます。

|

« スコットランドとフランス紀行公記 パート7 | トップページ | スコットランドとフランス紀行公記 パート8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/27611280

この記事へのトラックバック一覧です: 200年以上の時を超えて!:

« スコットランドとフランス紀行公記 パート7 | トップページ | スコットランドとフランス紀行公記 パート8 »