« 復活!究極のトマトのカクテル! | トップページ | ショコラ更にバージョンアップ! »

2009年2月28日 (土)

スコットランドとフランス紀行公記 パート10

オーバンの町中のホテルで一泊し、スコットランドで唯一まともと言われる食事のイングリッシュブレックファーストです。

別に、ここのホテルの朝食が美味しいわけではない。

イギリスは朝食だけはまともなのです。美食の国のフランスやイタリアでも朝食はクロワッサンとバターとジャム牛乳とコーヒーとヨーグルトぐらいですが、イギリスは トースト・バター・ジャム・ヨーグルト・ベーコンエッグ・ソーセージ・ポテトフライ・コーヒー・紅茶等の豪華版です。

さて軽く食べてオーバン蒸留所に向かいました。ホテルからの距離は車で3分と近い。

オーバン蒸留所は煉瓦作りの古い蒸留所ですが、最新型の見学設備を誇り、売店も綺麗。受付がうっかり(?)僕の予約を忘れていたせいか、観光客と一緒に見学することになってしまいました。

写真を撮ろうとすると、案内役のおばんさんが、「うちは撮影禁止です」と言う。

「 ふざけるな!誰に撮影禁止と言っているんだ?所長を呼べ!」と、息巻くと、お許しが出ました。
事前に電話で日本でバーを2件経営していて ワインスクールで、モルトウイスキーを教えているので資料の為に撮影してもいいですか?と聞いてOKの許可を事前に貰っているのです。

すると一般観光客の後に個人で案内するので その時は、撮影はOKですとなりました。

驚くべき事に、オーバンは親会社がデアジオと言うと、スコッチウイスキーの会社で、は1番の大手であり、知名度もそこそこあるのでマッカランやグレンリベットの如く超巨大な、蒸留所を想像していました。

ですが蒸留釜が2つという最小限の数しかありません。
規模も思った程小さいのです。!
    

最後に、蒸留所ではお決まりのテイスティング。まあ、無料だから美味しい
のが飲めるわけはありません。 

スタンダートの14年を飲んだ後に やはり海沿いだけあって磯の香りがするとコメントを従業員に言うと妙に納得していました。  

その後に限定品の30年を飲みましたが、磯の香りの中にビロードや、鞣し皮の様な、滑らかさがありのど越しはデリケートで繊細、ふわふわの綿菓子のようでいて、後味は麦汁の甘みがあると、(美味しいとは一言も言っていません。)コメントを言うと更に納得してました。

オーバンの次は、キャンベルタウンのスプリングバンクです。 

日本で例えるのなら、東京から房総半島の南端くらい?
 

高速がなく、一般道なので車で4時間くらいかかります。

Dsc00701 Dsc00706 Dsc00707 Dsc00708 Dsc00734

Dsc00743_2 Dsc00737 Dsc00799 Dsc00746

|

« 復活!究極のトマトのカクテル! | トップページ | ショコラ更にバージョンアップ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/28351518

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランドとフランス紀行公記 パート10:

« 復活!究極のトマトのカクテル! | トップページ | ショコラ更にバージョンアップ! »