« 究極のブラッディブル 限定ですがご賞味あれ!  | トップページ | スコットランドとフランス紀行公記 パート14 アイレイ編 »

2009年3月31日 (火)

スコットランドとフランス紀行公記 パート13 アイレイ編

さて、モルトウイスキーの聖地というべき、アイレイ島へ。アイレイ島は、淡路島ほどの小さい島ですが、大小8か所の蒸留所があります。

独特の“スモーキーフレーバー”と“磯臭い味”は好きな人にはたまらない。

アイレイからほど近い港町ケナクライグのフェリー発着場までホテルから30分ほど。

朝1番の便を予定していたので早朝にホテルを出たら、周りは真っ暗。道も慣れていなくてギリギリの到着。

フェリーに乗った瞬間にゲートが閉まり、何だか007になった気分でした。

あいにくの雨でしたが、予定通りアイレイ島のフェリー発着場であるポートエレン港に到着。すぐアイレイ島最北端のブナハービンに行きました。

アポ済みなので、マネージャー自ら案内してくれました。丁寧にも、製造方法を教えてくれ、特別に1987年蒸留のシェリー樽熟成・ブナハービンをテイスティングさせてくれました。長期熟成ではありませんが、かなり美味。

アイレイ島でブナハービンと言うとマイナーですが、今は熱心なファンがいます。

次は対岸であるアードベックへ。観光客とは別に案内嬢(昔は)の親切なおばさんに、案内してもらいました。

アードベックも近代化され、大規模になっていました。その分値段も鰻上りですが…。

そして、本日最後のボウモアです。16年前に訪問した時は、現在は蒸留所(ブリクラデッヒ)の社長であるジョン・マッキーワン氏で16年前はボウモアのマネージャーだったので自ら案内してもらったのですが、今のマネージャーは残念ながら不在とのことなので日本人の対応になれた女性スタッフに案内されました。

僕が訪問した3年後にボウモアはサントリーに買収されましたから、ここは日本人に愛想がいいんですね。とても丁寧に案内してくれました。

以前は、人が作業していた行程はすべて機械化、コンピュータ化されていました。

ビジター・センターも一新されていて、1890年の非売品のボウモアやその他貴重品もありました。ブラックボウモアのような長期熟成品も60万円くらいで売られていました。最近は新発売のホワイトボウモアはブラックボウモア並に高価ですが、今後は更に値上がりが予想されます。

ボウモアを後にして、近くのロッホサイドホテルに宿泊。こんな僻地でも一晩100ポンドと高価です。

同ホテルのバーは世界で最もモルトウイスキーが揃っているバーとして、ギネス認定されています。そのせいか、ウイスキーの値段は目玉が飛び出るほど高価でした。1杯日本円で10万円ほどのモルトウイスキーも! 私から言わせれば、そんなに珍しいものではないんですけどねぇ。

さて、いよいよ次回はアイレイ最終日です。

20081113065058 Dsc00884_2

Dsc00888 Dsc00896_2 Dsc00896 Dsc00913 Dsc00921

Dsc00934_2 Dsc00945_2 Dsc00949_2 Dsc00957_2 Dsc00960_2 Dsc00964_2 Dsc00963_2 Dsc01115_2 Dsc01084 Dsc01080 Dsc01023 Dsc00998 Dsc01003 Dsc01016_2 Dsc01070

|

« 究極のブラッディブル 限定ですがご賞味あれ!  | トップページ | スコットランドとフランス紀行公記 パート14 アイレイ編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/28889082

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランドとフランス紀行公記 パート13 アイレイ編:

« 究極のブラッディブル 限定ですがご賞味あれ!  | トップページ | スコットランドとフランス紀行公記 パート14 アイレイ編 »