« ホワイトアスパラ今が旬ですね。 | トップページ | スコットランドとフランス紀行公記 パート20 »

2009年5月29日 (金)

スコットランドとフランス紀行公記 パート19

ゴーリーと同じスゴンザック町のパンチェローを訪問しました,車で5分ほどです。社長のパンチェロー氏自身に出迎えてもらいました。小さい作り手のため、瓶詰め工場などは事務員のおばさんが1人でやっていました。その方に案内してもらい、何種類か試飲させてもらいました。最古は1944年蒸留物で、これ以上古い物はないそうです。がっかり。とりあえずビンテージとサインを入れてもらって購入しました。次に、パンチェロー氏が得意気に出してきたピノデシャランテを試飲。これが実に素晴らしいんです。なんと1964年物!驚きました。琥珀色に輝き、香りは優雅でかつ複雑、奥深い。思わず1本購入。家宝に近い物なので、こちらもサインをもらいました。 因みにピノデシャランテは葡萄ジュースにコニャックを加えたベルモットの親戚の様なお酒でして基本的には数年で製品化される為1964年物は極めて珍しいのです。

さて、本日最後の訪問は、ジャルナックの作り手・ブラスタッドティフォンです。社長のリャール氏は54才、和食好きの親日家です。蒸留している最中の蒸留器を撮影し、社の宝ともいえる、古酒がズラリと並ぶ棚を見学。全部で500本近くあり、その多くは1800年代でした。最古は1810年物。これをあるロシア人が2万ユーロ(日本円で250万円程度!)払うと言ったそうです。な、なんとリシャール氏はその話を断ったそうで「まぁ、2万ユーロじゃ売らないよ」と念を押されてしまった次第です…。

でも、僕が本当に欲しかったのは1700年代物だったんですね。あっさり「ない」と言われてしまいました。残念。その代わり、試飲して美味しかった1888年のボルドリ地区のみの原酒を購入することにしました。ボルドリで1800年代物はかなりレア。試飲後、「現行種のユニブランだろう?」と言うと「どうして分かったの?」と驚かれました。まぁ、一応こっちプロですからね。準備に時間をくれと言うので、ビンテージ明記やサインを約束した上で、明日取りに行くと約束しました。

ちなみに、現在ティフォン社で通常販売している最古のコニャックは1899年蒸留の1999年瓶詰めの100年物です。日本では25万円で発売中です。当店にいらっしゃれば「格」格安で飲めます。ぜひ、お越し下さい!

|

« ホワイトアスパラ今が旬ですね。 | トップページ | スコットランドとフランス紀行公記 パート20 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/29831134

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランドとフランス紀行公記 パート19:

« ホワイトアスパラ今が旬ですね。 | トップページ | スコットランドとフランス紀行公記 パート20 »