« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月25日 (木)

スコットランドとフランス紀行公記 パート22

コンコルベ氏、マシェーラー氏に礼を言い、次にコニャック滞在初の樽工場見学をしました。ビガールというコニャックやワインの樽工場です。コニャック市の町外れにあり、中堅規模。従業員は200人ほどです。

工場に着くと敷地全体に樽の香りが広がります。なんとも心地の良い香りです。樽工場にふさわしく、大きな敷地に材木が無造作に置かれていて、よく見るとリムーザン、トロンセなどとコニャックで法定規定で使用を義務づけられている産地の木が明記されています。伐採後ここで3年くらい乾燥させるそうです。その後、幹の部分を加工して樽にします。板状に加工し、内側を火で温めながら湾曲させ、円形にしてから金具などで継ぎ合わせてゆきます。最後に鋲打ちして、最新型のレーザーで注文先のロゴなどを入れれば完成です。

圧巻なのは最新型のレーザー。1台日本円で2000万円以上するらしいのですが、あっという間に細かい加工が出来上がるのですから、高価なのも納得ですよね。

樽工場見学はなかなか楽しかったです。機会があればもっと小さい、例えば家族経営の樽工場なんかも行ってみたいと思いました。

いずれかは私が講師をしている青山のワインスクールのアカデミーデュヴァンでこの樽工場の樽の製造工程を生徒に見せたく思います。

さて昨日のティフォン社に連絡し1888年のボルドリを引き取りに行こうとすると社長のアントニオが 「 ちょっと難しいのだ 悪いけど明日又電話くれ すまない。」と言う。何で難しいのか分からないが?取りあえず明日又電話すると言いました。うーんどうしたのだろう。明日はネゴシアンの名門プルミエ社の訪問です。

Dsc01482 Dsc01483_1 Dsc01485 Dsc01116_2 

Dsc01117 Dsc01118 Dsc01120 Dsc01121 Dsc01122_2 Dsc01123_2 Dsc01124 Dsc01125_2 Dsc01126 Dsc01127_2 Dsc01129_2 Dsc01130 Dsc01131_2 Dsc01132 Dsc01133_2 Dsc01135 Dsc01134_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

スコットランドとフランス紀行公記 パート21

マシェラー氏が予約してくれたレストランは、地元で評判の良い。ミシュランガイドなどには掲載されていませんが名店は沢山あります。葡萄畑に囲まれた一軒家レストランで、夕方になると葡萄畑に沈む夕日が最高にロマンチックだそうです。(今日はあいにくの天気で残念です。)

店名はLe Berguilleです。もしこのブログを見た方で気になる方が居れば遠慮なく聞いて下さい。紹介します。

前菜は牡蠣。コニャックから北西に車で2時間、フランスが誇る牡蠣の名産地ラロッシェのものです。何年か前に赤潮被害で養殖場が壊滅的なダメージを受けたため、今は日本から運んできて繁殖させたものだそうです。なので種類は日本のものと同じ。ただし、プランクトンのお陰か日本の牡蠣よりも肉厚で、味も濃厚。前菜に生牡蠣を9個も食べちゃいました。朝イチで市場から取ってきたので牡蠣は生臭みがなく、鮮烈な塩味と甘みハーモニーが抜群でした。

メインは、ブールブランソース(…だと思います)をかけた鱈のソテー。連れは鴨のローストです。養殖の鴨ですが、焼き方を聞かれたのでレアで頼みましたが、ロゼピンクに上手に焼かれていて肉汁がたっぷり。身も肉厚でプリプリでした。火入れの技術って日本人の方が上手いという先入観があったんですが、覆されましたね。鱈のソテーは残念ながら火の通しすぎで多少ですが、ぱさぱさしていました。やはり魚に関しては日本人はフランス人より遙かに繊細で知り尽くしているのですから・・・ ソースのブールブランはスタンダートなソースですが、上品に出来上がっていました。

コンコルベ氏から、「09年6月にボルドーでエキシビジョンがあるけど来ないか?」と誘われましたが、まあ無理ですよね。次回テセロン社の2階にあるサロンに来てもらえればVIPのために専門シェフを雇うから一緒に食事をしようと約束しました。そう言われるとちょっと気分がいいものです。まぁ、2年後くらいかな…。

さてフランスで食事をデザートまで食べずに席を立つのは失礼なのは充分承知なのですが事前に次のアポがあるのでと言ってありますのでお礼を言い足早にレストランを後にしました。

Dsc01327 Dsc01329 Dsc01330

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

スコットランドとフランス紀行公記 パート20

コニャック市訪問の3日目は、シャートーヌフという人口3000人ほどの小さい町。ボルドーのシャトー・ポンテカネのオーナー、アルフレッド・テセロン氏の所持するコニャックの名門、テセロン社を訪問しました。コニャック業界一の古酒の保有数を誇る作り手で、今回で三度目です。
現在テセロン氏はポンテカネの経営に専念しており、テセロン社の経営はすべて支社長?のコンコルベ氏と、マスターブレンダーであるマシェーラー氏に一任しています。去年日本でも会っており、いい関係です。
製造工程を見学して、1800年代の古酒が眠るカーブへ。かなり大きいカーブが3つありまして40リットルほどのボンボンヌというガラスの容器が5000個もありました。その多くは1800年代の古酒。今回は、その中でも稀少な1830年蒸留のファンボアのテセロンを試飲させてもらうことになりました。ファンボアはコニャックの法定地域内の畑のことです。グランドシャンパーニュの1800年代物は結構見てきましたが、同じ年代のファンボアは見たことがありません。
ご丁寧にマシェーラー氏が開封してくれて、先に試飲を譲ると、彼は一口飲むなりブーと吐いてしまった。「えっ、まずいの?」と聞くと、「コルクが古過ぎてボロボロになり、そのカスが口に入ってしまったんだ」と言う。一同爆笑です。肝心のファンボアですが、アプリコットやピーチの香りと、森林浴をしているような木の香りが鼻孔をくすぐります。口に入れると、口中のコニャックが宇宙遊泳の如くふわふわして、そのブーケが永遠であるかのよう。「1本ならいいだろう」というわけで、即購入。かなり高価でしたが、日本なら50万円はすることを考えると、悪くない買い物でした。
「次はノルマンディーのデュポンという小さな作り手の所に行くんだ」とコンコルベ氏に告げると、彼にその場でデュポンに電話をしたうえで、「良い作り手だ。当社みたく小さい会社で高品質のカルヴァドス作りをしている」とお墨付きを与えてくれました。

それ以外にも酒の話ですがコンコルベ氏は、「 カルヴァドス以外にどこか行ったか?アルマニャックは?」 「 私は過去に2回しか訪問していないが良い作り手も沢山ある。 」と言うと彼は、「 下手なフランス人よりも、菊地に聞いた方が早いな(笑)」と話が盛り上がってきたので、一緒にランチを取ることとなりました。 さて楽しみです。

Dsc01598 Dsc01308 Dsc01186_2 Dsc01187_2 Dsc01188 Dsc01194 Dsc01172 Dsc01061 Dsc01162 Dsc01167 Dsc01171

Dsc01179 Dsc01180 Dsc01182

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »