« 15周年記念特別企画 パート2 | トップページ | ゴードン&マックファイルの全貌! »

2009年9月24日 (木)

15周年企画パート1 ポールジローの全て!

9月3日に何とかポールジロー氏を招いて無事試飲会を開催できました。

この場を借りまして 皆様方に感謝致します。 満席の状態でしたので皆様方には大変窮屈な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

さて今回の試飲会のお陰でポールジロー氏とお会い出来たのは実に18年ぶりであり2回目のコニャック訪問の時にお会いしました。その時はポールジロー氏は40代半ばで僕が25才だった時です。彼は 「 うちは従業員は僕と親父とかみさんとまだ小さいが、息子の4人経営だ。だから品質のしっかり管理できる作り手なのだ。」と息巻いていました。

ポールジローは大手のコニャックメーカーの様にカラメルの添加やシロップに添加はしない。

葡萄の収穫する時は大手は殆ど機械化しているのにポールジローは一つ一つ手摘みにして品質を確認します。イーストを用いた醸造では無く時間と手間暇の掛かる自然発酵です。

このような昔気質の職人の様な気質から多くのバーテンダーや本物志向のお客様から支持を得ているゆえんでもあります。

さて時間通り7時よりセミナーがスタートしまして 最初はプロジェクターによるコニャックの製造工程やポールジローの畑の様子等を見ながら質疑応答の時には皆さんかなりマニアックな質問をしていまして感心しました。さてお待ちかねの試飲です最初は2000年蒸留のポールジローです。

これからテイスティングコメントです。

2000年

外観 

薄い黄色 クリアーなシェリーの様な色

香り 

香りはフルーティというかソービニオンブランを煮詰めてコンポートした葡萄のような風味グラッパやマールの熟成していないスピリッツのアルコール臭 蜂蜜 抜栓した瞬間はあたり一面に広がる

スパイシーであり 甘みは余り感じない 若い 青林檎や洋梨の追熟していない風味余韻が大人しい

1998年

外観 

薄い クリアーなゴールド マールの様

香り 

ミネラル感のある風味 車のエアバックの様な勢いであっという間に広がる スパイシーな香り 肉桂 ナツメグ ベニヤ板 浅草寺のおみくじの香り

味わい

ライトなボディ 少なくても2000年よりも甘さを感じる 後味はどうしても若いせいが軽く暗い井戸に落ちる様に消えていく レモンバームのアイスと中にあるフロムダンベールが良いアクセントになっていて チャーミングな組み合わせが新しい発見でもある。

1995年

外観 

ブランデーらしい色合いと言うか大麦色

香り

ひまわりの香り 花びらが開いていく様子の如く華やか

味わい

98年と比べると随分まろやか バランスは良い。森の香りと共に照葉樹の空気 動かざる如く山の如くずっしりした味わいであり洗練差には未だ欠けるもの後数年すればかなり芳醇な味わいになる雰囲気を醸し出している。 チョコレートのテリーヌとの相性が抜群であり組み合わせて飲むと何とも言えない風味が残る

1986年

外観 

95年より色が薄い? 多分樽のせい?パールゴールド・小麦色

香り 

95年より熟成感があるはずなのにパワーがありヨーグルトの様な酸味が感じる。香りの広がりは大人しい。 おそらくですが、他のポールジローと比べると樽にニュアンスが違うようでありそこが面白い所でもある。

スパイシーな感じでありクリアーな味わい 後味は軽めであり樫の木よりバルサ材の後味

1973年

外観

薄いコニャック色 綺麗なエッジは黄金色

香り

穏やかな香り生姜やナツメグの様なスパイスの香り1986年と比べると遙かに熟成していると思われる。

味わい

甘く滑らかでありボディにふくらみが感じる。全体的には穏やかだけどリムーザンの森の中の小屋の風味と共に綺麗な葡萄畑が感じる アプリコットやピーチの古いコニャック独特の味わいがする。食前酒でも可能かもしれないと思う程繊細な味わい

1962年

外観

透明感のあるロゼのゴールドでツタンカーメンの黄金のマスクの様な輝き

香り

トップノートは大人しめだが時間が経つと噴火山の様にに香りが広がる。少しスパイシーな風味がありオイリー アプリコットというよりもドライアプリコットやドライパイナップルの様な濃縮されたフルーツの香り

味わい

落ち着きがあり口当たりはまろやかであり繊細ビロードの様な舌触りでありバランス的には今回の中で1番良く出来ている。ふんわり広がる熟成香は京都の俵屋のお香の様に上品でありゴージャス!上品で素敵な年齢を重ねたお姉さん!自家製の有機栽培ドライデラウエアを有機栽培チョコをコーティングさせたデザートと最高のマリアージュ

1959年

外観

天然な琥珀色透明感はあるがエッジは深いアールグレーの色

香り

複雑この上ない香り アッサム・無花果・マーマレードの様な濃縮感のある香りと共に微妙なスパイス香セージや丁字が1時方向に飛んでいる

味わい

口当たりは柔らかいのは想像通り 天使の羽の様に軽やかであり香ばしい木の香りと少しタンニンがあと味に感じられる。心地よい後味は胃に入れた後でももう一度空気を触れるフォッサマグマの如く味わいが沸き返ってくる。老練な手練れの用兵家黒田如水を思い出す。 

フードメニューです。

レモングラスのソルベ フロダンベールの風味で

自家製有機栽培ドライデラウエアの有機栽培チョコのコーティングで

有機栽培チョコのテリーヌ コニャックたっぷりのアングレースソースで

自家製全てが有機栽培のパウンドケーキ 

以上が長いとは思いますが、テイスティングコメントです。 今回のテイスティングコメントは私以外にアカデミーデュヴァンの優秀な生徒でもある中野さんとマニアなお客様代表の村上さんのコメントを参考にさせて頂きました。この場を借りましてご協力に感謝します。

最後にポールジロー氏が 「 こんなに沢山のお客さんが来てくれてうちのコニャックを真剣に飲んでくれている嬉しいよ良いバーだね。これからも頑張ってくれ。」と褒めて頂き感涙ものでした。 ありがとうございます。

Img_63071 Dsc02973 Dsc02975 Dsc02977 Dsc02979

|

« 15周年記念特別企画 パート2 | トップページ | ゴードン&マックファイルの全貌! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/31252784

この記事へのトラックバック一覧です: 15周年企画パート1 ポールジローの全て!:

« 15周年記念特別企画 パート2 | トップページ | ゴードン&マックファイルの全貌! »