« 15周年記念特別企画パート3 ポートエレン垂直テイスティング8種類! | トップページ | 藤稔のジュレ 有機栽培ソービニオンブランで »

2009年10月26日 (月)

ダグラスレイン ポートエレン試飲会無事終了

Dsc00133 Dsc00147 Dsc00139 Dsc00153 Dsc00142 Dsc00144

PCのメンテナンスの為に、遅くなりましたが、先日のダグラスレインのセミナーが無事終了しました。

あいにく連休明けもありまして満席ではありませんが、前代未聞のポートエレン8種類ティスティングというテーマの試飲にはみなさん真剣な眼差しで試飲していました。

まずはポートエレンですが、今回はアイテムが15種類の180ccのサンプルボトルがありまして今回は17名様集まりましたが、一人様1アイテムが15ccとしても全員のお客様に行き渡らないので今回のみですが、テーブル席とカウンター席を2つに分け試飲になります。

そしてダグラスレイン社のポートエレンの1983年蒸留の24年熟成ですが、こちらだけ加水していますがノーマルボトルの為700ccですから全員のお客様に行き渡ります。 

というわけでして お一人様8種類のポートエレンと言う前代未聞の試飲会になりました。

今回は8種類ものポートエレンがあるので手が回らず。料理はワンプレートで簡単にすませました。それでもかなり良いのもだと思います。某出版社の変態編集者の方がに「 グリッシーニの様な乾き物が合った方が良い。」 リクエストがありましたので 当店でも作ろうとして若干二十歳の入店2週間の井田君は、イタリアンレストランの老舗 自由が丘の「 ○ャ○○ィ 」のキッチンにいたので作れいうと、「 作った経験がないので勘弁して下さい。!」と泣きつくので仕方無く中目黒の変態イタリアンのイカロの宮本シェフに頼みセカンドの子に作ってもらいました。この場を借りてお礼を言います。ありがとうございます。助かりました。かなり好評で1本も残らずに皆さん食べてました。

そしてオーガニックチェダーチーズを当店でスモークしました。岩手産の帆立の自家製スモークと殻付きのアーモンドも当店でスモークして最後に有機栽培チョコを湯煎して溶かし今回の1983年蒸留のポートエレンをたっぷり入れた生チョコです。 かなり酒飲みの喜ぶフードメニューです。 今回は特に酒好きな人しかいない試飲会ですからかなりフードは好評でした。

さてテイスティングのコメントです。

まず今回のコメントは、私個人の意見が全てでは無く私が勤める青山のワインスクールアカデミーデュヴァンの生徒の中野さんのコメントを参考に私がアレンジして居ます。

カウンターで飲んだのでロットナンバーが3638番から3644番までになります。

ポートエレン プロバランス 1983年 23年 

色 

薄い金色 熟した麦の穂

香り

剥いた林檎の様な香り軽いフレーバー 白ワインのモンラッシェの様な風味 ピート香が抑えめ

口当たりは軽め 甘い麦芽の様な味わい 後味はかなりボディブローの様に芯がある。

ポートエレン 28years old Lot No 3638

薄い黄金色

香り 

梨の様な水分の多いフルーツの香り  夜間飛行の様な香水の香り 

香りと違いボディはしっかりしていて口の中で軽く縄跳びをしている。以外としっかりしたボディでいて全身が温まる。

ポートエレン 25years old Lot No 3639

透き通る琥珀色でいて濃いブラウン

香り

シェリー樽の香り独特の樽香がしっかり感じる。樽だしの為アルコールの高さが感じる

ぴりぴりして舌触り口の中で眠気覚ましのミント系のガムを噛んだ如くスーと広がる。後味は以外とドライ

ポートエレン 25years old Lot No 3640

色 

薄い琥珀色 どちらかと言うとクリアーな色

香り

ひまわりの様な香り 朝顔もある フラワーフレーバー 

スパイシ-でいてまろやか後味が長くドライ 生チョコと合わせると見事に調和する。

ポートエレン 25years old Lot No 3641

かなり薄い。澄んだ黄色

香り

甘く藁葺き屋根の農家の軒下の様な湿った香りと共にマカロンやフルーツジュレの様なカラフルな洋菓子の香り

スイートでいてコケティシュな味わいでいて おしゃべり好きなおませな妹の様なチャーミングな所がある。アイレイ独特の風味は大人しい。後味もライト

ポートエレン Lot No 25years old 3642

かなり薄い黄金色 

香り

まったりとした香り 奥深さが感じる奥の方からアイレイらしい香りが引き潮の如く段々香りが弱まる

今回のポートエレンで1番個性的な味わいでシャープな切れ味はポートエレンらしくピート香とのバランスがほどよく スモーキーなフードとあい殻付きのアーモンドはウヰスキーの個性的な強さをうまく包み込んでいる。

ポートエレン 24years old Lot No 3643

薄い黄金色 透明感のあまりない麦の穂

香り

フルーツ?甘酸っぱい梅酒?プラムの様な香り

濃縮した甘酸っぱさ情熱的地中海やプロバンスの太陽の様に後味が甘い

ポートエレン 24Years old Lot No 3644

かなり薄い色で透明ではないがセロハンテープの色に近い

香り

お香やお寺の香り清涼感はあり 収穫して暫くした米の藁の様

オイリーな味わい 口全体に広がるが後味はパワフルでいて津波の様

長くなりましたがテイスティングコメントです。

 

|

« 15周年記念特別企画パート3 ポートエレン垂直テイスティング8種類! | トップページ | 藤稔のジュレ 有機栽培ソービニオンブランで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/31877622

この記事へのトラックバック一覧です: ダグラスレイン ポートエレン試飲会無事終了:

« 15周年記念特別企画パート3 ポートエレン垂直テイスティング8種類! | トップページ | 藤稔のジュレ 有機栽培ソービニオンブランで »