« 藤稔のジュレ 有機栽培ソービニオンブランで | トップページ | スコットランド フランス 紀行公記 パート30 最終回 »

2009年10月30日 (金)

奇跡の林檎 木村さんの林檎!登場

Dsc00156 Dsc00157 Dsc00159

今年もいよいよ林檎に時期になりました。僕は毎年この季節が楽しみです。林檎と言え全国にありますが、完全無農薬は木村さんの林檎だけです。それまで林檎は非常にデリケートな果物なので無農薬は絶対不可能だとされていたのですが、血のにじむ様な努力の結果成功したのです。去年僕のブログにも掲載されています。 当店は以前は低農薬の林檎を使用していましたが、8年ほど前から使用しています。 ただし台風や害虫の諸事情で沢山とれない場合もあり毎年の台風で勿論他の作り手の方もそうですが、どきどきしながらテレビの台風情報を見ています。

今年もいよいよの林檎の時期に注文しましたが、待てど待てど来ない? おかしいとおもっていたらようやく届くしかも4ケース注文したのに1ケースです。!おかしいなと箱を開けるとご丁寧な手紙が同封されていまして 今年はあかね(林檎の種類の名前)に害虫が発生してしまいかなりの被害を被ったそうです。残念です。 その他に後ほど出回る品種はどうかなと思うのですが聞いても返事は、相当後ですし木村さんは今は地方公演や農業指導で全国を飛び回っているので多忙なのです。

毎年この木村さんの林檎でカクテルを作って居ます。多分木村さんご一家は当店がバーとは今だに知り得てないと思います。 この林檎をジュースにしてカルヴァドスで割ってみたりシャンパンで割ったりで出来るだけ素材の持ち味を大事にしたカクテルしか出しません。

日本全国広しとも木村さんの無農薬林檎を使用しているバーは他に在るのでしょうか?あったら教えて下さい。 今は新規注文は3年待ち! だそうです。

先日常連のお客様が 

「 へー 林檎があるんだ でも最近テレビで見たんだけど 前にもNHKのプロフェッショナルにも出てたけど青森県の弘前市の木村さんの林檎は凄いよね。」 すかさず

「 あのー この林檎が木村さんの林檎ですけど・・・」

「 えっ! えっ! 木村さんの林檎なの 凄いどうしてここにあるの えー 信じられない。」 多分60才近いかたですが、大人げなく驚いていました。 するとその方は

「 へー 偉いね。 木村さんの林檎を使用しているとは凄い。・・・ 菊地さん偉いね。」

「 いや! いや! 僕では在りませんよ、木村さんがいやー正確には林檎が偉いのだけどね。」

さー これからが楽しみですね。

|

« 藤稔のジュレ 有機栽培ソービニオンブランで | トップページ | スコットランド フランス 紀行公記 パート30 最終回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/31995445

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡の林檎 木村さんの林檎!登場:

« 藤稔のジュレ 有機栽培ソービニオンブランで | トップページ | スコットランド フランス 紀行公記 パート30 最終回 »