« 白金 鮨 いまむら | トップページ | ワインの試飲会です。 今回はコスデストゥネル垂直試飲会 »

2009年11月30日 (月)

究極の小笠原産無農薬レモン! 

久しぶりの更新です。訳ありで最近は更新していませんでした。失礼しました。

さてレモンと言うと皆さん行かれているバーではカクテルでは必要不可欠でしょう。

あらゆるカクテルに使いますし 安いバーではウオッカトニックやジンリッキーなどにライムが高価なのでレモンで代用する場合があります。

ですが当店ではその逆でレモンの方が高価な場合があります。 

えっ どうして?と思う方も居ると思います。 そして当店では1年のうちレモンがあるには9月中旬から12月までの期間限定です。当店は小笠原の父島の無農薬レモンを使用していてこのレモンは年間この時期しか収穫できないのです。 

しかも小笠原は台風の影響が受けやすく開店当初から使用していますが、何度か台風の直撃で壊滅的な打撃を被り収穫してから1ヶ月程で終了という時もありました。ここ数年は安定していますし今年も台風の時期は終了しましたので一安心です。

では無いときはどうするの?と思う方も居ると思います。無いときはライムで代用します。かといって他のバーの様にスーパーやコンビニの海外のライムではありません。国産の今は愛知県の岩城島の低農薬のライムです。時期より産地を変えるいます。

画像にある様にかなり大きいですね。手前にある500円玉と比べると理解できると思います。しかも大きさはまばらです。何故かと言うとサイズではなく2キロ単位で注文するので大きさはばらばらなのです。お客様にお見せすると

Dsc00324_2 Dsc00325 Dsc00327 Dsc00331 Dsc00332

「 えっ 何これレモン? うそー大きい!グレープフルーツ見たい。!」と驚かれます。でも今はあちこちに国産のレモンがあるのでは?と思う方も多いとは思いますが、このレモン知る前に日本中のレモンを数十カ所試した結果1番良かったのがこの小笠原のママヤレモンのレモンです。折田農園の折田一夫さんが無農薬栽培で丹精込めて作っていますが、他のライムとは格が違うのですよ。亜熱帯気候の小笠原だからなのでしょうかね。このレモンでジンフィズを作ると絶品ですし。当店ではジンフィズの砂糖は香川県の岡田精糖所から和三盆を仕入れ使用しています。ウオッカライムのレモン版のウオッカレモンもライム以上の美味しさです。先日ウオッカレモンを飲んだ方は、「 レモンの酸味に中で甘みがあるし角がない丸みがある酸味ですね。海外のレモンで作ったらこうはならないでしょう。」と感動していました。

そのレモンも今年いっぱいですから後1ヶ月余りですが、季節物ですから仕方ないですね。  

それとこのブログを見て居る方でワインに興味が在る方はイベントがありますので詳細は銀座店に連絡してみて下さい。 03-5537-0055 です。

|

« 白金 鮨 いまむら | トップページ | ワインの試飲会です。 今回はコスデストゥネル垂直試飲会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/32424990

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の小笠原産無農薬レモン! :

« 白金 鮨 いまむら | トップページ | ワインの試飲会です。 今回はコスデストゥネル垂直試飲会 »