« コスデストゥネル垂直試飲会の結果! | トップページ | 一流の酒飲み格付けランキング »

2009年12月31日 (木)

前人未踏のワインの会 一流の酒飲み格付けランキング パート1

過日ですが、常連のお客様のKさんが恵比寿店に来まして

「 突然ですが、ワイン会を開催するのですが、菊地さんに是非来て頂きたいのですが・・・」

私は

「 構いませんけど余り遅い時間は困りますが、早い時間ならOKですよ。」

「 そうですか では○○月○○日では如何ですか? 」

「 構いませんよ。所でどんなワインですか?」

「 菊地さんが飲んでいるかどうか分かりませんが、漫画神の雫にでている使徒のワインですが、その中の3本を入れて飲もうというイベントです。参加人数は8人くらいです。」

「 そこでお願いがあるのですが、この3本は高価なワインなので、出来れば産地はお任せしますので、もっと安くて味もまあまあで、ブラインドで飲み比べると分からない位のワインを探して頂きたいのです。要するにTBSの人気番組の一流の芸能人の格付けランキングの様に何十万円するワインと数千円のワインと間違えるとかをすれば会も盛り上がると思います。それ以外のワインも出しますけど。」

喜んで引き受けますと言いましたが、参加者に配るチラシの様な物を貰いましたが、何処でやるのかと読むと、 会場 BAR ODIN 銀座店と在ります。

パルメ 1999
キュヴェ・ダ・カポ 2000
ラフルール 1994
シェヴァリエ・モンラッシュ 2000
ルシアノ・サンドローン・カンヌビ・ボスキス2001
シネ・クア・ノン・シラー Inaugural 2003
アモン・ラ 2003

以上が今回の会の試飲銘柄です。

しかも 参加者を見るとしっかり僕の名前が出ています。

びっくりしてカウンター越しにこけました。思わずKさんに向かって

「 これ! うちの店ではないじゃないですか?!!!! 」

「 そうです 既に山手さんに頼んでフードも出して頂く予定です。予算やその他も伝えてあります。」

えー 聞いていないよー と思いましたが、頼まれたからには全力を出す主義なので早速知り合いの業者の方に頼んで 飲み比べるワインを相談しました。

さて1本目はラフルール1994年でボルドーでも最も高値で取引されるのはペトリウスとラフルールです。

そして今回はラフルールの1994年ですが、ボルドー全体的に良い年ではありませんが、ラフルールは傑出した年だと漫画の神の雫にあるのですが私にはよく分かりません。すくなくてもドラマ化した時にモンポールという主人公の神崎雫が屯しているワインバーのマスターが個人的に付き合いのある辰巳琢郎さんなので多少は縁はあります。

話がそれましたが、では近辺の作り手で当たり年ならどうかと言うのでサンテミリオンのロートブッフの1995年ならどうかと言うのですが残念ながら僕はロートブッフとラフルールは飲んでいません。勿論ロートブッフ以外のサンテミリオンもポムロールは色々飲んでは居ますが・・・

取りあえずロートブッフを注文しましたが、次ぎはシネ・クア・ノン・シラー Inaugural 2003
と言うカルフォニアのスーパープレミアムワインです、こちらはシラー100%の品種でこくのあるボディのしっかりしたワインだそうです。

対するはコストパフォーマンスは抜群というのですが値段が1,500円以下なのですが、ラングドックルーションのワインですが、ラ・パッショングルナッシュというワインで、値段の差は40倍と言う差がですが、品種がシラーとグルナッシュですから同じ様な風味の品種ですが、まー直ぐに分かると、思い注文しました。

次ぎはコントラフォンのプロデュースするマコンです。そしてシュバリエ・モンラッシェ ミッシェルコンランド2000年ですが、ここでネックがあるのはどれもこれも僕は飲んでいません。勉強不足なのは承知なのですが、ボルドーは多少は飲んでいるとは思うのですが、カルフォニアは飲みませんし他は高級過ぎるという意味もあります。

これを当てるのは至難の業かもしれませんが、やるしかないのですね。

さていよいよ当日です。正直言いますとこの手の会で、外すと周りからは

「 えー プロなのに外したの? 」

そして当たると今度は

「 まー プロだからね 当たって当然かな。」

となるのですが仕方ない一応プロですから でも僕はバーテンダーなのでジャンルがが違うのですが・・・・

でも心に決めたのは今回の会での試飲以前に香りで決めよう思ったのでした。

要するに飲む前に香りで銘柄を当てるのですが、自分で当たる自信は全くありません。何せ飲んでもない香りも嗅いでない銘柄しかないのですから

さて当日非常に気が引けるのですが銀座店に行きました。(自分の心中は正直言うと仮病は使って欠席しようと思っていました。)

店に着きまして。開催者のT氏は多少遅れましたが無事全員揃った所でスタートですが、皆さん紳士淑女の方々で圧倒的収入が低いのは僕でした。

著名な会計士の方や経営コンサルタントの方や某社長も居ますし全員の年収で何億円あるのか恐ろしくなります。

最初に1本はパルメです。これはブラインドでは無く純粋に飲むワインです。1999年はボルドーは決していい年ではありませんが、パルメは別格だそうです。私は今までパルメは古い順で言うと 1966年 1970年 1975年 1976年 1978年 1982年 1988年しか飲んでいません。1900年代は初めてですが、多分固いのは間違いないです。 洗練されて居ながら濃厚な香りと黄砂の様な砂の風味とブータンノワールの血の香りという濃い香りでしたが、実際に飲んでみるとパルメらしい濃いフレーバー以外にカカオ70%の様なクーベルチュールのチョコの様な上品な甘みが好印象でした。どことなく1975年に似ています。

Dsc00468 

続きは次回にします。 周辺の作り手は飲んでいても、さて香りだけで高級ワインと安ワインと区別出来るかですが、自信は全く在りません。

|

« コスデストゥネル垂直試飲会の結果! | トップページ | 一流の酒飲み格付けランキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/32776428

この記事へのトラックバック一覧です: 前人未踏のワインの会 一流の酒飲み格付けランキング パート1:

« コスデストゥネル垂直試飲会の結果! | トップページ | 一流の酒飲み格付けランキング »