« 一流の酒飲み格付けランキング | トップページ | 前人未踏の試飲会 一流の酒飲み格付けランキング最終回! »

2010年1月12日 (火)

前代未聞の一流のワイン通 格付けランキングパートⅢ

さて次ぎはラフルールとロートブッフです。こちらは飲んでいませんが周辺のシャトーは何カ所も飲んでいます。 前回はカルフォニアのスーパーカルトワインとランドルックルーションの無名の作り手ですが、今回は同じフランスのボルドーでしかもシャトー同士の距離は近いのは事実です。ラフルールはポムロールではカベルネフランが多めで対するロートブッフはサンテミリオンでメルロ-主体です。前回と比べるとかなり難しいのは確かです。

考える間も無くスタッフが手慣れたもので2つのグラスにA・Bのシールが在ります。さて皆さん前回以上に真剣です。因みに○○社長が得意気に持ってきた物は何と!小学校の学芸会に使うようなひもに銀紙や金紙をはさみで丸く切ってメダルを作りマジックで 「 インチキソムリエ 」・「 えせワイン好き 」・「 3流のワインおたく 」の様なコメントを書いてあり外れた方々はメダルを付けています。○○社長は得意気に 「 昼休みに一生懸命作ったんだ。 」と嬉しそうに話していました。思わず私は 「 あのー 1つ聞いていいですか? 暇ですね。」まるで子供の様に嬉しそうな顔で頷いていました。 魅力的な人ですね。

と言うやり取りがありました。外れた方は社長お手製のメダルを既に付けています。私も今回外れると同じ運命です。2つのグラスのうちのAのグラスを鼻に近づけてから一呼吸おき神経を集中させるのですが・・・

外観は2本とも透き通ったルビー色。だがAは薔薇に近い赤色で、どことなくスミレ色も併せ持っている。 Bはクリアーな赤だが少し夕焼け色が入っていて煉瓦ぽい色合い

香り 

A

ふんわりとした角の無いシャープでいて枯れ葉や落ち葉の木の香りと共に世界遺産の白河郷の様な藁葺き屋根の様な古い藁の香り。そしてラズベリーやフランボワーズの様な果実と麦茶の様な燻した香りがする。 

B

木苺やクランベリー・完熟トマトと粘土質の香りと共に土の香りがAより強くどことなく京都の竹林を感じられる。血の香りが強く人間のA型やB型では無くジビエの時期の鹿の血の滴るもも肉のような感じでいて、竈に薪を入れた時の焦げた感じと共に旧家の蔵の湿った埃が溜まった古くささがあり全体的に土臭さが強い。多分だがペトリウスやセルタンの様なトリフの様な濃厚な香りにほんの少しだが似ている。僕に中でBがラフルールでは無いかと思います。 サンテミリオンと比べるとポムロールの方が長熟になる場合が多く固さの中で洗練された香りがします。

ここまでを香りで区別するには困難の極みであり全神経を集中させて居ましたので携帯が鳴ったのを全く気がつきませんでした。

皆さんは先ほどの醜態を挽回しようと必死になって2本を飲み比べています。私も飲み比べたかったのですが、ハンディは香りで当てるというハンディなので1滴も飲んでいません。さていよいよ発表です。

うーん自信は在りますが何とも言えません。 「 ファイナルアンサー Aだと思う方手を挙げて! 」と、銀座店の店長の山手が言い放つと自信満々の方々が手を挙げました。5人程います。参加人数の半分以上です。うーん どうかなと思いつつ

「 では残りの方はBで宜しいですね。?」と押さえつける様に山手は言いましたがそうですね勿論当然な訳ですが・・・・

「 正解はBです。!」

「 はー やっぱりそうかー と くそーBにしとけば良かった!」と歓喜の声ですが、当たりましたのでほっとしました。 正直言うと寿命が縮みました。

やっと飲みます。

ロートブッフ1995年

1995年は90年代でも有数のグレートビンテージです。高価なビンテージとしても知られています。口に入れた瞬間タンニンが目立ち酸より血に風味が分かります。口の中で回すと少しずつ柔らかくなります。奈良の東大寺の古き木の風味と共に山葡萄の様な野性味もあります。のど越しは華やかでモナコのコースを走るF1カーのヘアピンカーブを這うように喉を過ぎていく後味はハワイのビックウエーブの如く巨大な波が目の前を走っていく。

ラフルール 1994年

1994年はボルドーは不作の年です。ですがラフルール例外で最高の年でもあります。口に入れる前に唇にまとわりつくワインでもあります。とっても不思議なワインでもあります。ですが、ボディはしっかりしていてかなり硬くマジンガーZの超合金Zの様に硬い。全体的には上品そうでいてフルボディで正直言うと後10年経てから飲みたい気分です。のど越しは八岐大蛇の丸呑みした如く喉をゆっくり這っていく如く太いボディで剣道の胴の防具見たくしっかりしているのですが、後味はマイケルジャクソンのムーンウオークの様に颯爽と前に進むのではなく華麗に去っていくですが最後はローストしたカシューナッツの様な甘い風味が引き立つが、右上1メートルにトリフがある。

さて次ぎは白2種類のブラインドです。

怖いな- 自信がない・・・・

Dsc00461 Dsc00463

パルメ 1999
キュヴェ・ダ・カポ 2000
ラフルール 1994
シェヴァリエ・モンラッシュ 2000
ルシアノ・サンドローン・カンヌビ・ボスキス2001
シネ・クア・ノン・シラー Inaugural 2003
アモン・ラ 2003

|

« 一流の酒飲み格付けランキング | トップページ | 前人未踏の試飲会 一流の酒飲み格付けランキング最終回! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/32863892

この記事へのトラックバック一覧です: 前代未聞の一流のワイン通 格付けランキングパートⅢ:

« 一流の酒飲み格付けランキング | トップページ | 前人未踏の試飲会 一流の酒飲み格付けランキング最終回! »