« 前代未聞の一流のワイン通 格付けランキングパートⅢ | トップページ | 究極のトマト入荷! »

2010年1月21日 (木)

前人未踏の試飲会 一流の酒飲み格付けランキング最終回!

さて最後の2本です。今回は白ワインでして1本は名醸造家として名高い(と言っても飲んでませんが)シュバリエ・モンラッシェ ミシェル・コラン・ドレジェ2000年ですが。私でも2000年は最高と言われている年は知っています。 そしてこちらも余りにも有名なコントラフォンと言う名醸造家のマコンですからかなり格下です。2002年 まー 例えて言うならトヨタのレクサスと同じトヨタでも有名ですが、カローラですかね。コントラフォンは飲んだ事はありますが、格上のモンラッシェですからマコンとは大分違いますので参考になるかどうかですが、殆ど意味がないと思います。

最後だけあって皆さん真剣です。2回連続外した方はショックだったのでしょうか目が血走りながらグラスを見ています。

2つのグラスにはAとBとシールが貼ってありますが、微妙にBの方が濃い色です。

さて最初はAです。

全体的に淡いグリーンが入っていてクリアーな健全な色ですが少々青みが掛かっている皮を剥いた王林の林檎に色合いが似ている。

香り 

すみれやペリエの爽やかな香りでしいて 蛍が住んでいる竹製の虫かごの様な竹の香りと共にマスカットやあけびの様な健やかや甘みのある香りがあり それでいて田舎の田んぼの蛍を思い出します。そして秋に収穫した後の米を稲ごと干している風景の香りが少々しつつも奥には日光華厳の滝が見えるほど清涼感が鼻孔をくすぐる

Bです。

色 

黄金色を薄くした透明感のある色 ゴッホの絵の様な黄色い感触でいて よく見るとバナナの皮は黄色い色だが皮を剥ぐとかなり薄い黄色のごとくエッジが薄くなっている。

香り

酸が強く感じられるが樽香のようなものを感じられる。南国のフルーツはあるけどポン酢に使う橙の様な清涼感と共に新築の日本家屋の畳や旧家の囲炉裏の灰の香り 生牡蠣のミネラル感がありつつ見ては居ないが、幻の城と言われる安土城の天守閣から見れる様な壮大な景色の様な気がする。そして不思議と鼻から抜ける香りの最後に赤とんぼがすーと目の前を素早く通っていく

香りを考えるとBの方が複雑ですが、Aはストレートぽさはありつつ繊細なのですが、ファーストインスピレーションは明らかにBだったので変えずにBだと思います。

さて発表です。 銀座店の店長の山手は飲んでは居ますが、Aがミッシェルコンランドのシュバリエ・モンラッシェだと言いまして、私は「 えっと 」耳を疑いました。

もしかしてAなの? でもBと言ったし前言撤回など恥ずかしいし私はBだと思うのでそのまあにしまして 隣の方もそれを聞いて考え込んでいます。 皆さんうーんと唸っています。

さて発表です。銀座店の平野は正解を知っています。

じゃーん 「 それでは発表します。ファイナルアンサー それは答えはBです。!」

「 わー えー 」 「 やっぱり!」 「 そうかー 」 「 最悪!!」と色々な声が聞こえます。

僕は正解です。やっと飲めます。 

最初に名人コントラフォンのマコンです。

口に含むと厚みは無いもの爽やかなシードルの様な飲み口でしてマスカットや桃の風味が残りつつ鼻孔に刺激的でいて綺麗な日本的な女性を想像出来ます。成人式を迎えた晴れ着の女性の様です。

ミシェル・コラン・ドレジェのシュバリエ・モンラッシェですが、重みはマコンと違いしっかりしたボディでいて口の中で回すと素晴らしく暴れますが、鼻孔に生け花のけんざんで突っつかれた様な刺激があり後味は富士スピードウエィのヘアピンカーブの如く周りながら綺麗に消えていきます。

コントラフォンも良いですけどやはりミシェル・コラン・ドレジェのシュバリエ・モンラッシェの方が複雑です。

結果的には僕は全問正解でして 確率的には12.5%の正解率なので何とか面目を保てました。

はー 神経使いました。 正直言いますと考えないで飲みたいですね。

全問正解は僕を含め3名様ほど? だったと思います。・・・・

良い経験でした。 他のも飲みましたが、今回はこれで遠慮させて頂きます。

社長は次回も企画しているのらしいのですが、面白いですから又参加したい気持ちはありますが、次回も体調を万全にしていなければなりません。まー どーしようかなー

今回飲んでいないワインを飲まないで香りだけで、全問正解というのは自慢になりません通常は飲んでから答えを言うのですからある意味では邪道です。ですが、普段自分なりに鍛えているので少し嬉しかったです。

「 えっ 鍛えているって どういう風に?」と思う方も多いと思いますが、

私はタバコは勿論すいません。刺激の強いコーヒーも飲みませんし 食事も化学調味料系入っている料理は一切口にしません。出来るだけ刺激物は食べませんし添加物を使用している物も食べません。ただそれだけです。 それだけでだいぶ違うと思います。私個人の意見ですけど・・・・

はー疲れました。でも楽しかった!

Dsc00457 Dsc00469 

|

« 前代未聞の一流のワイン通 格付けランキングパートⅢ | トップページ | 究極のトマト入荷! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/33027037

この記事へのトラックバック一覧です: 前人未踏の試飲会 一流の酒飲み格付けランキング最終回!:

« 前代未聞の一流のワイン通 格付けランキングパートⅢ | トップページ | 究極のトマト入荷! »