« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月16日 (火)

奇跡の林檎の木村さんの米

奇跡の林檎の木村さんの米
奇跡の林檎の木村さんの米
奇跡のリンゴの木村さんが指導の元で栽培したお米が届きました。我が家では福島県の有機栽培米を食べてましたが、この際だから変えて見ました。可愛いイラストの書いてある袋でが、コメントには農薬 肥料 家畜糞尿 除草剤 その他 全く使用していません。前年刈り取り後の生わらのみ 土に還元するだけで 稲の生命力のみで稲が自ずの子孫を残すために、実らせてくれたお米です。収穫量は少ないですが、稲の気持ちが、お米一粒一粒に生きていると確信しています。除草も手作業等と、栽培管理が重作業のため 等と 続くとあります。玄米で買いましたから早速我が家の精米機で七分付けに精米してガス釜で炊いておひつで蒸らして食べてみましたがいつもと同じ水量で炊いても硬いから不思議です。米が生きてるのでしょうか? 噛んでみると甘味はありますが粘りはすくないです。かなり僕好みであり好きな味でもあります。このような米の栽培に迄手を尽くして日本の農業を活性化の為に努力している木村さんに敬意
を表します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

ジャパンタイムズに掲載!

ジャパンタイムズに掲載!
ジャパンタイムズに掲載!
ジャパンタイムズに掲載!
ジャパンタイムズに掲載!
数週間前に恵比寿店にジャパンタイムズの記者が飲みに来て何杯かモルトを飲みつつショコラとのマリアージュの話しに華が咲きました。僕が、青山の名門ワインスクールアカデミーデュバンで講師をしていて今期はシングルモルトウイスキーとスイーツをテーマに授業をして5回目の次回の講座は異なる店のチョコタルトを4種類食べながらシングルモルトウイスキーとのマリアージュを楽しみながら現地で僕が撮影したビデオを見る講座ですよと話すと、言うと興味津々で何かチョコは無いか?と聞くので定番の自家製のバローラのオーガニックトリフチョコとオーガニックグレープフルーツのピールチョコを頼むと感心しながら食べてました。そして彼は今日の出来事を記事にしてもいいか?と言うので僕は許可しましたが、先週突然ジャパンタイムズが届いたので見て見ると写真はありませんが記事になっていて僕の名前とアカデミーデュバンの話しが少しですが出てたので驚きました。まー構いませんがジャパンタイムズとは何とも言えません。在日の方々に日本のバーの良さ
が分かればと思います。内容はアカデミーデュバンでアルコールとスイーツのマリアージュを教えていると言うのと、カルバドスにはりんごのコンポートをお通しで出して ウイスキーにはホタテ貝のスモークを出している。と明記されてますが、この辺は全てのお客様にしてる事なんですが、自家製のチョコをだしているとはありますが編集の問題で詳しくは書いてませんが充分です。しかも住所も明記されてます。まーこれを見てくる外国人の方が来るのかな?
効果があるかどうか分かりませんが日本のバーでもここまで仕事してるバーがあると言えるからいいのですが、頑張るしかないですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »