« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月24日 (火)

貸し切りパート2 ロマネコンティ1972年と素晴らしいワイン達

さて続きですが、大変だったのが食材集めです。鮑に関しては河岸で買いますが、最高の物が欲しいので 銀座の鮨屋のはるたかのはるちゃんが、使っている鮑が欲しいので電話して

「 はるちゃん悪いんだけど眼高鮑欲しいんだけど回してよ。」

「 いいですけど。月曜日に入荷してればだけど毎日入って来ないし。それに高いですよ! キロ25000円位かな。」

「 いいよ旨ければ 高くても 仕方ないよ。」

「 じゃあ 月曜日に旭水産にあれば 菊地さんに回します。」 となりましたのでひと安心ですが ビシソワーススープの材料は当店御用達の広尾のナチュラルマートで買ってます。

そして海老も毎日あるわけ無く当日天然の海老が入れば使用つもりでした。甘鯛は普通に極上物が旭水産で入りますし 名古屋コーチン純血種は西麻布の韻から入ります。

西瓜やマンゴーは当店で使用してる物を使用出来ますし プチフールは事前に作って置きます。

此で食材は確保出来ました。因みに僕は何処のレストランでもまともに働いた経験も無くキッチンで働いた経験もありません。

まーその辺のバーテンダーの何十倍も色々な店で食べ歩いてますが、お陰様で自慢になりませんが、貯えは全く0です。さて月曜日になりまして早朝河岸に向かいます。

はるちゃんと旭水産で待ち合わせしたのですが、はるちゃんが怪訝な顔をしてるので、

「 どうしたの?」

「菊地さん 今日は、眼高鮑入荷無いって!」

「 えー そうなの どっか無いの?」

「 無理ですよ。ここに無いんだからどこ行っても無いですよ。うちも無くて困ってるんだから。」

「 じゃ 他の鮑で何かいいのある?」

結局はるちゃんに選んでもらった房州産の黒鮑となりました。
残念ながら眼高鮑は入手出来ませんでしたが、後で考えると此で良かったかも知れません。

さて次は海老です。海老の専門店である
築地ではいつも海老は亀福と言う仲買で買ってます。有名鮨屋から天丼の専門店の浅草のまさる・中華の桃の木から様々な料理人に支持されてます。

亀福の従業員のきんちゃんに、

「 天然の海老何かある。?」

「 ありますよ。!三重県の宝菜海老です。最高ですよ!此なら太鼓判押せます。」

とあまりにも薦めるので買いましたが、前回リゾット用に買った熊本県 天草産の車海老は天然ですからキロ10000円位でしたが、因みに宝菜海老とは特殊な車海老用の宝菜網と言う傷が付きにくい網の名称でこの網のお陰で鮮度抜群の状態のいい海老が取れるのでその分コストが掛かるので値段に響くのですが仕方ないですね。

お陰で素晴らしく鮮度の良い海老が入手出来ました。

さてこれからが本番です。
アミューズを出しますが、ビシソワーススープですが、ナチュラルマートで買った有機栽培のジャガイモの皮を捌きます。

バターでジャガイモと玉ねぎの順番でソテーします。火を通したらブイヨン・牛乳・塩を入れて混ぜて。上に炭火で焼いたたとうもろこしと空豆をのせて完成ですが、上手く出来ました。

まー何回も作ってますからね。

Dsc02010 Dsc02013 Dsc02020 Dsc02049 Dsc02080

次は鮑です。殻から外して四等分して真空パックの袋にコンソメ・ 塩・ 白ワイン・コニャックを入れてから鮑を入れて真空にしてから60℃~65℃のお湯の中に15分ほど入れてゆっくり低温で熱を通します。

鮑の身に、火が通ったら鍋から出して 冷ましてから、冷蔵庫に30分も入れて置くとコンソメと鮑のゼラチン質のお陰でプルンプルンに固まります。

鮑を袋から取り出し 薄造りにします。

お皿に盛り付けたら軽く塩を振りソテーしたズッキーニとトマトを飾ざってから 鮑の肝を炭火で軽く炙り上にのせて ソースをかけて完成です。

Dsc02038 Dsc02039 Dsc02042 Dsc02043 Dsc02055

ビシソワーススープも好評でしたが、

鮑に関しては皆さん美味しいの連発でした。前菜2品目は海老です冒頭で説明しましたが、三重県産の宝菜海老です。

才巻きより少し大振りの車海老ですがキロ14000円はさすがに、僕もびびりました。
ですが、抜群の鮮度のお陰で活きが良いことお客様の前で見せたら飛び跳ねて大変でした。

さて鮨屋で海老と言うと沸騰したお湯の中に入れてから冷まして出す鮨屋ばかりですが、どうも僕は旨味が沸騰したお湯に入ってしまい海老本来の味が少なくなってしまう気がしてならなかったのですが、

そこで既に古い調理法ですが鮑と、同様真空パックです。

少量の水と塩を入れて海水程度の塩分濃度にしてから真空パック用の袋に宝菜海老を入れます。真空にしてから電磁調理器で65度の低温でゆっくり火を通します。

所が意外に難点がありました。海老が鮮度がいい為に袋の中で暴れて袋が破けてしまうのです。

2枚駄目にしましたが、3枚目でようやく真空パック出来ました。5分ほどで完成です。

殻を取り軽くオリーブオイルを振り 頭と身だけを提供しますが此が大評判でして

「 素材が生きてるね。味付けが、塩のみで此だけ海老の甘味が濃厚なのは、初めての体験です。」

結果は分かってましたがかなり美味でした。真空調理器のある鮨屋はこの様な調理法で海老を出せばベターだと思います。

Dsc02052 Dsc02059

まだ続きます。次ぎはテイスティングコメントと料理の説明です。

ですが、調理とその他で忙しかったので撮り忘れもあり画像が沢山ありませんのはご理解下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

貸し切り! ロマネ・コンティ 1972年 素晴らしいワイン達

常連のお客様でかなりグルメな方で主にフレンチと和食が好きなのですが、僕と趣味が会う為知り合いの店を何件か紹介した事がありまして 
そして6月上旬にそのお客様から 
「 今月で会社の設立10周年なのでお世話になった友人を僕を含め5人でお祝いのパーティーをしたいのでオーディンで貸し切りで
きますか?そして、招待する友人の誕生年や会社の設立年である2000年のワインを飲みたい。ありま
すか?」 僕は、「赤ワインと白ワインどちらがいいですか?」と聞くと
「 乾杯はシャンパンにしたいな。後は白ワインは1本かな? 他は赤ワインがいいな。因みに友人は
1972年生まれが二人で他の二人は分からないです。」 
御本人は1964年でした。 
後で分かりましたが他のお二人はかなりのはずれ年なので入手しても うーん難しいですね。
さて どうしましょうか? 
うーん 難しいですね。どうしましょうか?
白ワインはルイ・ジャドのコルトンシャルルマール2000年が在ります。 
赤ワインは、シバルブラン1972年と、1964年はモンローズとビューシャトーセルタン
がありますが、シバルブラン1972年は銀座店のカーブにありますし時間はありますから移動し
ても問題はありません。
ヴィュー・シャトーセルタン1964年は恵比寿店のセラーにあるので問題はありません。後はもう1本1972年ですが、ありますが、1972年は、残りは一本しかありません。
恵比寿店にありますが、それはロマネ・コンティ1972年です。
ワインラバーなら誰もがご存知であり、色々な雑誌や漫画・テレビ番組でも度々登場する
超有名ワインです。そして世界でもかなりの高値で取り引きされるワインでもあります。
1972年のロマネ・コンティは僕の知り合いのソムリエ何人かが、1972年は美味しいと聞いた
ので一昨年渡仏時に見つけたので買いました。今回出番です。
乾杯はシャンパンにしたいと、希望なので僕のセレクションで、コニャックの名門である
ラフォンテーヌがプロデュースしたシャンパン ルイ・ボスケ 1999年で。合計5本です
ワインだけで一体全部で幾らなの?と思う方も多いと思いますが、値段は言えません。
本当にワインの価値が分かる方から見たら激安のタダ同然の値段なのは確かです。
一流ホテル等は値段も一流なので飲めばワイン代だけで300万円はするのは確実です。
正直言うと、値段公表すると同業者から恨まれそうです。(笑)
そして料理も出して欲しいと言うので、此が大変です。!
この手のワインの場合料理が、ワインの邪魔しない程度の料理でなければ行
けません。
しかもお客様は都内のグランドメゾンからその他の有名店を行き尽くしてる方々です。下
手な料理は出せません。
5名様のうち3名様は知っていますが、かなりの食通です。更に他の二名様
もご夫妻ですがヨーロッパ在住歴の長い食通のご夫妻だそうでかなりのプレッシャーです。
引き受けるからには全力投球しますが、何人かの有名シェフに裏技を教えてもらいました。
料理本には書いてないのでいい勉強です。この場を借りてお礼を申し上げます。
元シェ・トモのシェフ池尻氏 オーグルマンのシェフ横崎氏 ブラッスリーマノワのシェフ
土切氏 ありがとうございます! 
フードのメニューは
アミューズ
ビシソワーススープ と有機栽培空豆とトウモロコシの炭火焼き
       
前菜1品目               
房州産 黒鮑の真空低温調理 炭火で焼いた肝と共に
 
前菜2品目                 
三重県「 天然宝彩海老 」(特殊な傷が着きにくい宝彩網で取る車海老で傷が着きにくい
ためかなり状態がいい)のタタキ風 海老のジュのみ
    


魚主菜                   
愛知産 甘鯛の塩生地包み焼き 昆布のソースで
          
お口直し
          
沖縄産 砂糖を全く使わない特別栽培西瓜のグラニテ           
     


肉主菜

一羽丸ごと名古屋コーチン純血種のロースト マスタードソース


フォルマージュ 

自家製リコッタチーズとコンテとテット・ドモアーヌ


デザート

宮古島産上地さんの有機栽培マンゴーと隠し味の下田市の外岡さんのオレンジのみ
砂糖なしのソルベと栃木産有機栽培フレッシュブルーべりー


プチフール

自家製シナモン風味のクッキー 有機栽培バローラチョコで作ったトリフチョコ
自家製ドライバナナのバローラチョコレートコーティング


有機栽培ダージリンティー


以上です。腕が無いので素材重視ですから鮑や宝菜海老・甘鯛は築地の河岸で買いました。
肉の主菜である名古屋コーチンは、スーパー等にある名古屋コーチンは純血では無く
名古屋コーチンの血が入った交配品種が殆んどで、まー比内地鶏見たいなもんです。
そこで名古屋コーチン純血種は市場では入手困難何で、僕には必殺!知り合いが居ますから
名古屋コーチンの純血種を使用する焼き鳥屋として名高い西麻布の変態焼き鳥屋トリサロン
韻のオーナー中山さんに頼んで入手したのですが、せっかくですからお客様の目の前で
焼けないかな?と、思ったので焼く道具としてドンキホーテで購入したオーブンを使いますが、
この機械が常によく出来てまして屋台のドネルケパブの如くくるくると回りながら焼けるの
です。しかも鳥一羽丸ごと焼けるのですが、不安だったので一度試しに鳥一羽焼いて見ました
が、上手くいきました。
さて前おきはこれ位にして次回はフードの画像とテイスティングコメント
です。






Dsc02066_3 Dsc02065_3 Dsc02068_3 Dsc02067_8 Dsc02070_4 Dsc02071_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »