« 貸し切り パート3 ロマネ・コンティ 1972年と素晴らしいワイン達  | トップページ | シャトー・イケム 1967 年 »

2010年9月27日 (月)

貸し切りパート4 ロマネコンティ1972 年と素晴らしいワイン達!

最後の一本です。締めはロマネコンティ1972年です。

当初はヴィュー・シャトーセルタンは出さないようにして様子見で、飲めたら飲もうと主催者の方の意向でしたが、皆さんかなりお酒飲み何で大丈夫だろうとなりまして、全部で五本になりました。

この手のワインに関してはフードと合わせるには至難の技でして 本当に美味しいワインに関しては、フードは必要ないと思います。

知り合いの○つ星シェフも同意見だそうですし他の有名シェフもそう言ってます。ですから今回はチーズのみです。

自家製リコッタチーズとコンテ・テットロモアールの三種類を出しました。あいにく画像はありません。

その代わりと言っても何ですが、パンも自家製です。

Dsc02032 Dsc02075_2

さて久しぶりにロマネコンティを抜栓する訳ですが、当店のスタッフにやらせようとしたら皆泣きそうな顔したので私が抜栓しました。

1970年代のワインは、数えきれない位抜栓しましたが、1970年代のロマネ・コンティともなると二回目です。多少は戸惑いましたが難なく抜栓できました。

ロマネ・コンティ 1972年

香り

熟成した。泡盛の様な奥深い風味と共にピノ・ノワール独特のヘーゼルナッツの様なオイリーな香りはしっかり残っている。

それでいてシャンパーニュのカーブの如く何千キロも続く迷宮の様ないつまでも永遠に続く終わりのない香りでいて どことなく田舎の藁葺き屋根の湿った藁や古木の風味がしているが、雄大なスコットランドの森林の緑を兼ね備えている如く懐が広い。

いつもロマネ・コンティは飲む度に、不思議な味のするワインとしか言いようがない。

ピノ・ノワールとは思えない。濃厚なボディ口にいれるまえからして既に自分がこのワインに飲まれている気がしてならない。

黒スグリ・プルーン等の濃厚でいて繊細でいてこの上ないワインが舌に乗った瞬間地球の裏側にテレポーテーションした様に突き抜いて行くが、不思議とボディは重たくはない。

どちらかと言うと軽く感じるが後味はSF映画で見る100キロ先からもの凄い勢いで押し寄せてくる津波の様に口の中を駆け巡る。雄大かつ繊細なワインだ。

まだ後10年位は飲めるワインなのではないのか?いつ飲んでも美味しいワインと言うより恐ろしいワインでもある。平凡な僕にはそれしか言いようがない。!

Dsc02071

最後はデザートですが、宮古島の上地さんの有機栽培マンゴーと小田原市の広愡農園の低農薬のバレンシアオレンジを少々隠し味にしてその場でアイスクリーマーで作ったソルベです。

糖分は全く使用していませんからマンゴーのみの濃厚な味とバレンシアオレンジの爽やかな酸味が何とも言えません。そして栃木県産の有機栽培ブルーベリーを添えます。残念ながら皆さんのワインを飲むタイミングが予想出来なかった為少しマンゴーとオレンジソルベが分離してしまったのです。味は同じですが、口当たりがどうも・・
それでも皆さんは喜んで食べて頂きました。有難い感謝感謝です。

Dsc02083

最後は極上のダージリンティーとプチフールは有機栽培バローラチョコで作ったトリフチョコと自家製ドライバナナをこちらも同じバローラチョコでコーティングした物です。シナモン風味クッキーです。

Dsc02085 Dsc02077

皆さん大分満足らしく大変喜んで頂きました。最後に主催者の方を見送った後かたずけていると、主催者の方が戻って来て 不思議そうな顔をしているので何かと思うと、

「 最初は四本のみ飲む予定だったけど、結局5本にしたけどビュー・シャトーセルタン1964年は会計入ってるの?大丈夫なの?苦しくないの?」

有難い言葉なんで涙が出そうになりましたが、

「 えっ! 大丈夫です。一緒に会計頂いてます。」

「 本当に?苦しくないの?」

「 まー 何とかです。」

「 分かった。ありがとうごちそうさまでした。!」

本当に好い人です。値段だけ見て高いと思う方が多いのですが、

内容を考えると格安なのです。

正直言いますとかなり苦しいのですが・・ まー長い付き合いですからね。

後で従業員からは、

「 人が良すぎますよ。こんな値段で売ってどうするんですか? 利益は? 僕らの人件費は出てますか?」

従業員に心配されるのも何なのかな?

ですが後程有難いメールが届きました。

この様な方がいるからこそ仕事のしがいがあると言うもの目先の利益ばかりで駄酒を売りまくる。完全利益主義の同業者とは僕は一線を引いているつもりです。

だから儲からないのか・・ 今回で貸し切りパーティー編は最後ですが、かなり疲れました。 でも良い仕事が出来て嬉しかったです。

多分この様なパーティーは余り無いと思います。度々あったら寿命が縮みまので・・

最後は有難い感想メールです。このメールの主は言えませんが、誰もが知る有名企業の方です。

はー 疲れたでも、楽しかった。

菊地さん

昨晩は素敵なディナーをほんとうにありがとうございました!
甘鯛、名古屋コーチン純血種、王様のプライベート塩田の塩、3日煮詰めた西瓜など
まさに言葉どおり「ご馳走」をいただき、菊地さんの美学と情熱に感激しました。
人をもてなして喜ばせたいという純粋な気持ちから生まれたアーティスティックな
活動とそのアーティストの作品だというふうに思いました。

個性にあふれ、一杯ずつの変化に物語性を感じさせてくれた偉大なワインたち、
厳選された調理法により初めて見えてくる美味さの真髄を味わせてくれたお料理、
人生を生きていてこれ以上の幸福はありえない、という確信を僕に持たせてくれる
ひとときでした。

あのようなかけがえのないひとときを作り出してくださった菊地さんに心から
感謝したいと思います。ありがとうございました

|

« 貸し切り パート3 ロマネ・コンティ 1972年と素晴らしいワイン達  | トップページ | シャトー・イケム 1967 年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/36946116

この記事へのトラックバック一覧です: 貸し切りパート4 ロマネコンティ1972 年と素晴らしいワイン達!:

« 貸し切り パート3 ロマネ・コンティ 1972年と素晴らしいワイン達  | トップページ | シャトー・イケム 1967 年 »