« 恵比寿店開店16周年記念企画のお知らせ! | トップページ | 青森旅行! 奇跡の林檎 木村農園編 »

2010年10月28日 (木)

青森旅行 大間の超鮪祭りと奇跡の林檎 奇跡の林檎の木村農園視察

生まれて初めて青森県に行きました。
お目当ては10月25日の大間の超鮪祭りと弘前の木村農園の林檎園の
視察です。
まず羽田から飛行機で函館まで行きまして
そして函館からフェリーで移動して大間に着いてからバスでむつまで、
移動レンタカーで弘前まで向かい木村農園を見学してから青森空港
から羽田空港に帰ると言う強行軍でしていつも通りですが、
ハードです。
朝6時に羽田空港のエアDOのカウンター前に集合してから函館に、
向かいます。
Dsc02064 
函館空港から函館港のフェリー乗り場までタクシーで向かいますが、
途中で空腹の神様が、降りてきたので 全員で函館朝市場まで行きました。
Dsc02076 
滞在時間が20分と短時間なのでさっさと注文して食べてフェリー
乗り場まで向かうのですが、
日曜日の朝市ですが以外と物はありました。
僕は活けのスルメ烏賊の刺身を食べましが流石に安いです。
築地の河岸だと活けの烏賊一杯が約2000円なのに対してたらば蟹の
味噌汁や漬物が、ついて2000円という東京ではあり得ない値段です。
何と言っても肝が鮮度のお陰で臭みが無く
旨みがかなりありました。
もう少しすると時期なので更に肝が美味しくなるはずですが、
充分堪能しました。しかも厚岸の有名な牡蠣のブランド
柿右衛門と言う牡蠣が1個300円と格安!
同伴の友人にフレンチのシェフの値段の安さと、
美味しさにびっくりです。思わず追加しました。
但し調味料が怖いので持参です。
Dsc02067 Dsc02065 Dsc02069 Dsc02072_2 
そしてフェリーで大間ですが、
Dsc02079 Dsc02081 Dsc02087 Dsc02091 Dsc02093 
着いたら築地の石宮の紹介で大間の漁協の人が迎えに来てくれて
大間の超鮪祭りを案内してくれました
Dsc02094 Dsc02095 Dsc02097    
そして鮪の内臓です。鮪の赤身だ中トロ 大トロは東京で何処でも
食べれますが、鮪の内臓に関してはやはり鮮度が大事なので
東京には、出回ることはありません。
要は漁師料理の一種であり洗練された料理ではありませんが、
貴重な体験でした。
屋台の様なテントに炭火コンロを置き鮪の胃袋や心臓 浮き袋を、
炭火で焼きますが、胃袋は食べれませんでしたが浮き袋と心臓は、
食べました。
心臓は焼き肉のハツとは違う食感でして鶏や豚とも違い歯応えは、
しっかりありまして臭みも無くて以外と洗練された味でした。
浮き袋ですが一度ボイルしてから焼くのですがこれが、
こりこりとした食感でして癖は無くて上品なセンマイ刺しの様な
食感でした。
調理法によってはかなり美味しい料理になりそうです。
ですがうっかり食べた様子がデジカメと携帯を忘れてしまい画像が、
ありません。
Dsc02107_2 Dsc02106   
そして残念ながらこの日は鮪が一匹も上がらず。
テレビで見る様な大物は皆無でした。
事前に釣った鮪は解体ショーで出てます。何でも鮪の解体ショーは、
大間が元祖だそうです。
Dsc02099_2 Dsc02103 


ですが本州最北端の広場に過去に釣り上げた400キロ超えの鮪を、
実寸大のモニュメントが、ありまして僕が171センチと日本人の
平均身長ですが、
画像を見れば分かると思いますがとにかく巨大!。
こんな化け物鮪が小さい漁船で1人か二人で一本釣りをするの
ですが、とても信じられません。
そして本州最北端の広場で鮪のカマの塩焼きです。
シンプルですが奥深い味でいて血合いの部分でも臭みが、
全く無いのが、印象的でした。
Dsc02108_2 Dsc02110 Dsc02109_2 Dsc02111 Dsc02114 
さて鮪祭りも終わりに近くなり 飾ってある鯉のぼりをかたずける
ので、手伝ってくれと言われてよく見ると鯉のぼりでは無くて
鮪のぼりでした。
Dsc02121  
大間らしいですな、さて丁寧に案内してくれた漁協の方にお礼を
言い大間から市営バスで、むつに向かいます。
電車は?と思うかた電車が大間はないのです。
レンタカーオフィスはありますが帰りの青森空港で乗り捨て不可能
なんです。
不便ですが仕方ないですね。
むつに着いてレンタカーを借りて弘前に向かいますが着いたのは、
8時半ギリギリでしたが、
食事がまだ何で有名な弘前のイタリアンレストラン
 ダ・ザッシーノのセカンド店である
ビザの店に行きました。
弘前と言う場所柄か濃い目の味でしたが充分堪能しました。
特に自家製モッツァレラチーズピザが印象的でしたが、
青森シャモロックのレバーペーストも良かったです。
Photo Photo_2 Photo_3 
さて明日は、いよいよ木村農園に向かう訳ですが、楽しみですが、
木村さんの娘さんが、僕の事を知っていると言っている
バーテンダーが、弘前で待庵というバーを経営しいるというので、
行ってみようと思い。事前にFAXで午後9時頃に弘前に着く予定
なのでバー待庵で、お会いしましょうと伝えておきました。
これからバー待庵に向かう訳ですが、全く土地勘の無い
弘前ですが、上手く探せるのか自信がありません。 
でも既に木村さんの娘さんとの待ち合わせの時間が、
少し過ぎています。
あー 果たして無事着けるだろうか? 
 
<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

<>

|

« 恵比寿店開店16周年記念企画のお知らせ! | トップページ | 青森旅行! 奇跡の林檎 木村農園編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/37420872

この記事へのトラックバック一覧です: 青森旅行 大間の超鮪祭りと奇跡の林檎 奇跡の林檎の木村農園視察:

« 恵比寿店開店16周年記念企画のお知らせ! | トップページ | 青森旅行! 奇跡の林檎 木村農園編 »