« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月13日 (日)

復活ブラディマリー!

復活ブラディマリー!
復活ブラディマリー!
復活ブラディマリー!
ほぼ9ヶ月ぶりの復活ですが、掛川の石山さんからトマトが入荷しました。

最高ランクの特選の更に最高ランクの4Sトマトでして石山農園ではこれ以上が、無いトマトです。サイズが小さければ小さい程完熟トマトだと甘味と酸味と旨味がある訳ですが その中の糖度が10度以上あるが特選と言うランクで、更に小さくなる程数字が増えます。

画像に在るように、4S以上の小さいサイズはありません。毎年石山さんから送って貰ってますが、4Sのみを注文して居ますが収穫量が圧倒的に少なく、今回は注文した5箱は全て4Sでしたが、たまにどうしても無い場合は3Sが混ざる時もあります。

因みに4Sのみのわがままな注文は、うちの店と関西の某イタリアンのみだそうです。数が少ないので、たまに何処かの飲食店が、興味本位で注文が入っても収穫量が、少ないので断っているそうです。

それと圧倒的値段が高くなります。ゴルフボール位ないしは一回り小さめ?で1つ200円程しますから半端では在りません。毎回石山さんからの請求書が、恐怖の絶頂ですな(笑)
当店の最大の敵は同業者やバーでも何でも無く。原価何です。

さてこのトマトを使って作るカクテルが代表的なのが、ウオッカのトマトジュース割のブラディマリーです。

トマトが嫌いな方や、トマトジュースが嫌いな方でもその美味しさに感動して飲む方も、多々居ます。

画像の様に、水に沈みますが通常のスーパーにあるトマトは水に浮かびます。

身がぎっしり詰まっているから沈むのですが、その分味が濃いのです。

そしてブラディマリー以外のカクテルはブラディブルとブラディシーザーですが、ブラディブルはウオッカとダブルコンソメスープと、トマトジュースを混ぜたカクテルです。

勿論毎年作ってますが、ダブルコンソメスープは自家製です。3日以上の時間と手間暇と原価が高いのが難点ですが、インスタントの固形コンソメとは比較にならない美味しさです。

そしてブラディシーザーですが、市販の缶詰のクラマトジュースをウオッカで割るのが通常のバーで提供されるブラディシーザーの99.9%ですが、勿論当店ではその様な邪道と詐欺紛いの商売はしません。国産の天然蛤を、使って蛤スープを使ってから出します。

このブログを見ているかたで、ダブルコンソメや蛤スープを作っているバーが、在れば是非とも教えて下さい。1件だけ元従業員で、ダブルコンソメらしき?スープを出しているバーがありますが・・・ 真似してあまり得はないのですがね。?

ブラディブルとブラディシーザーが、出来るのは1年でほんの僅かしか在りません。

さー 今日はコンソメつくるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »