« 無事です。! | トップページ | 映画  「SP野望編」 »

2011年3月31日 (木)

アンリジャイエエシェゾー 1983 年

アンリジャイエエシェゾー 1983<br />
 年
アンリジャイエエシェゾー 1983<br />
 年
震災のこともあるしブログの更新をためらいましたが、時系列で言うと2月のことなのと当事者ご本人の承諾も得ましたので、更新します。

ある日2回、3回来ていただいているお客様でシングルモルトが好きな方で男性二人で来ていただいているのですが、シングルモルトからカルバドスの話しになり そしてワインの話しになったのですが、あちこちのバーやレストランにも行っているらしく お互いに知っているバーやレストランが共通しているせいもありどうやら気に入っていただけたようでして 又ワインの話しになると その方は

「 アンリジャイエは飲んだことある。?おいしいよ!」

私は

「 かなり前に1度だけ飲みましたが、何せ相当前何で美味しかったことは、覚えていますが、まだ小僧時代だったので猫に小判だったかも知れません・・それにどうしてもボルドーワインが好きなんで、ブルゴーニュは殆ど置いて無いんです。」

「 そうなんだ。この店は、持ち込みとか大丈夫?勿論持ち込み代は払うけどね。アンリジャイエを持ってくるから一緒に飲もうよ。何がいい? 」

「 いえいえ! とんでも無いです。そんな何十万円もする高いワイン何て恐れ多いですし 勿体無いですよ。希少価値もありますから 」

「 大丈夫だよ。ジャイエならいっぱい持ってるからご心配無く。何がいい?
クロパラント?エシェゾー?他には? 何年がいい?」
思わず。「 いっぱい!?そんな 何でもいいですよ。無理しないで下さい。」

「 無理してないよ。俺も今年で60の還暦だしいつ何があるか分からないからな。一緒にアンリジャイエ飲もうよ。」

「 うちの店何かよりお知り合いや家族の方々と飲めば宜しいのでは無いのですか?」

「 いやー かみさんは、ワインは、何飲んでも同じだし 息子はビールや焼酎ばがりだしね。飲ませても意味ないからな。だったらこいつか?希少価値と味の分かる人と飲みたいからな。」

こいつと言うのは、隣に居た部下の方で、部下と言っても副社長さんで、年も50代半ばです。

「 じゃあ 取り敢えずヴィンテージと銘柄は後にして持ち込みの日決めようよ。いつがいいかな? あ!今週いや来週 今月の○○日にしよう。その前に持ってくるから。何か料理も軽い物出してね。」

「 畏まりました。ですがどうして又その様な希少価値のある高いワインを、当店で一緒に飲もう何て? 」

「 貴方は40代でしょ? まだ若い人達に経験値を高めて欲しいの! 勉強熱心でいて探求心旺盛なら尚更だよ。」

と言いつつそのお客様は去って行きましたが、何だったのだろうか?酒の席の冗談なのか何なのか 2週間ほど過ぎてご本人が大事そうに、アンリジャイエのエシェゾーの1983年を持って来ました。

10日ほど経ってからそのお客様は再びいらっしゃいましたが、

「さあ 飲もうよ!」と、まるでボジョレー・ヌーボーの解禁日を待ってるのが如くと、言っても私自身がここ何十年も国内ではボジョレー・ヌーボーは飲んでいませんが・・・

1983年より前のワインの抜栓は日曜茶万事何で何の問題も無く抜栓出来ました。

コルクの状態も良く 澱も瓶の下側に綺麗に付いていて問題なく思えます。

出張の多いかたで既に今年に入ってから3回は渡仏しているらしくアンリジャイエもフランスで購入したそうです。

肝心の日本での保存状態ですが、よくある安価なワインセーラーに入れて置けば何年経っても美味しく飲めると、とんでもない間違いの見識の方々が、多々なのですが、同業者かソムリエでもそう思っている輩が多いのは笑えます。

安価な小型セーラーは短期間保管する程度ならいいかな?まー気休めかな? 

ワインの世界はそんなに甘くないのが現実です。 私から言わせると所詮はワインセーラーであってワインカーブにはかないません。

ですが、お客様の会社はコンピューター関係なのですが昔からやっているので、コンピューター室があったそうですが、昔は巨大なコンピューターが、今は大分コンパクトになったのでコンピューター室が必要無くなり。全て撤去して棚を作りワインを置いてあるそうです。

ご存知の様にコンピューターは熱と埃を嫌います。空調はあるので後は湿度だそうです。後付けで加湿器を付けて 怖いのでセンサーを多数付けてあるそうで、湿度や温度が急激に変わると携帯にメールが届くと言うシステムになっていると言う本格的な保存状態ですので感心しました。

センサー以外は保存状態は私の店と同じです。
さて安心した所で、グラスに注ぎ乾杯をすると、

「 うーん 素晴らしいジャイエの香りだ。!」

とかなりマニアックな表現です。

「 1983年は平凡なヴィンテージだけど、ジャイエだからあまり関係ないよ。」

因みに1983年はボルドーはマルゴー村が当たりで特に、パルメが素晴らしいです。

テイスティングコメントです。

ピノ・ノワール独特のルビーレッドだが少し茶色が入っており全体的には鮮やかな朱色武田信玄の無敵の騎馬軍団の鎧兜の朱色に似ているように感じる。

香り

胡桃やアーモンドやマカデミアンナッツの様なナッツ香と 良く熟したさくらんぼやすももの果実の香り
トップノートはかなりナッツ香が強く力強い野性味溢れる野性の胡桃や団栗の様な香りを含め角がなく溶けはじめる蝋燭の様なゆっくり角が取れて丸くなって行く。

口に含むと一瞬宙に舞ったのかと思うほど繊細なワインでいて全身にメトロノームが響く!いつまでも舌に残るの如く濃厚でいて
繊細 舌にのせてからゆっくり飲み込むと多分グランドキャニオンの断崖絶壁からバグジージャンプをするとこうなるのだろうか?恐怖と共に快感がある。このエシェゾーは美味しいワインの前に、恐ろしいワインだ。いつまでもこの若々しさを維持出来るのか?不老長寿の薬を飲んでいる。楊貴妃のようだ。! 僕にとってはクイーン・オブ・エシェゾーはこのワインだ。!

最後に奇特にも当店にこの様な素晴らしいワインを持ち込みして飲ませて頂いたお客様に、心からお礼を申し上げます。又この様な不景気に負けないで美味しいお酒を飲みましょう。!

|

« 無事です。! | トップページ | 映画  「SP野望編」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/39428114

この記事へのトラックバック一覧です: アンリジャイエエシェゾー 1983 年:

« 無事です。! | トップページ | 映画  「SP野望編」 »