« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月27日 (水)

ブラディシーザー!の蛤スープ

ブラディシーザー!の蛤スープ
ブラディシーザー!の蛤スープ
ブラディシーザー!の蛤スープ
ブラディシーザー!の蛤スープ
ブラディシーザー!の蛤スープ
ブラディシーザー!の蛤スープ
ブラディシーザー!の蛤スープ
ブラディシーザー!の蛤スープ
毎年恒例ですが、この時期はブラディシーザーに入れる蛤スープを作る時期でもあります。

ブラディシーザー?と言う方もいると思いますが、通常は市販のクラマトジュースを使うバーが99%以上をしめますが、えっ クラマトジュース?と言う方も居ると思います。

簡単に言うとトマトジュースに蛤エキスと化学調味料を入れた物です。

このジュースにウォッカを入れればブラディシーザーになります。

勿論当店はそんな仕事はしません。去年同様それ以上の仕事をしてます。

まずは鹿島産の蛤です。少しおおぶりですが、味は濃いです。

ボールに5%の塩水を作り蛤を入れてから今回は大きいので1時間程漬けます。

そして3%の塩水を作り蛤を入れて40分漬けて。最後に真水に40分程漬けてから蛤を鍋に入れて煮きった日本酒と水1リットルの鍋に蛤を殻ごと入れてから

沸騰して蛤の殻が開いたら火を止め、冷めたら殻を取り一晩煮汁に蛤を漬け込みます。江戸前鮨の基本漬け込みの技法ですね。

翌日蛤を取り 横に包丁を入れてきれいに蛤の腸を取り。苦味
の元なのできれいに取りそして更に蛤を鍋にいれて煮込みます。

ある程度煮込んだら蛤の身を切り味見してみて。味がしない位に煮込んだらOKですが今度は煮汁をミキサーに入れてよく混ぜます。晒で身と煮汁を一緒に絞り蛤スープの完成です。後は濃厚にするためにスープを煮込みますがその辺は経験がものをいうのですが、此で蛤スープの完成!永田農法トマトをジュースにして蛤スープとウォッカを混ぜてブラディシーザーです。

市販のクラマトジュースを使用したブラディシーザーとは比べ物にならないくらいのブラディシーザーの完成!

余談になりますが過日来店したお客様が、銀座の有名店に行きブラディマリーの話しをすると

「 うちのブラディマリーは他とは違いますよ! 」 とバーテンダーが言うので注文するとスーパーで見る巨大なトマトをミキサーに入れてブラディマリーを出されたそうですが、水ぽいと言うかトマトの味が薄くびっくりしたそうです。

思わず 「 あのー 味が薄いのですが・・・」

するとバーテンダーが 「 えっ ではウォッカいれましょうか?」

「 いいえ ウォッカでは無くてトマトが薄いのですよ!」 馬鹿馬鹿しくてそれ以上何も言わず

に帰ったのですが、そのお客様はよせばいいのに、違う銀座の有名バーに行きブラディシーザーの話しをすると、バーテンダーが、

「 うちのブラディシーザーは他とは一味違いますよ!」 と断言するので注文すると 目の前でバーテンダーが冷蔵庫からクラマトジュースを出すので

まさか?と思ったそうですが普通にトクトクとクラマトジュースをばりばり使ったブラディシーザーを出されたそうで、怒る気にもならなくてその場を立ったそうです。

そのお客様は、

「 銀座のバーと言うだけでも高級なのは承知しているが、値段の割にはあまりにも内容がチープ過ぎる。値段が高くてもいいからもっと内容をよくして欲しい。」

と、お客様の言い分です。少なくても当店はその様な仕事はしていません。

はー ・・・でも蛤スープが去年はスタッフが計算すると、一リットル7500円でしたが今年はどうなのかな?
計算何かしませんが・・・・ 

はー ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

苺到来!

苺到来!
苺到来!
苺が今月から入荷しました。

「え!苺が今?」と思うかたもいると思いますが、近年ではクリスマスの時期に間に合わせる為に、ハウスで苺を作り出荷しているので12月でも苺があるのですが、私の子供の頃はハウスの苺ではなく露地の苺でしたが、4月下旬のゴールデンウィーク前から食べ始めたのを覚えています.

今は温暖化の問題で旬が早くなって来たそうです。さて苺は以前使用していた苺農家さんが残念ながら廃業してしまいまして去年から使用していますが、熊本県の壱岐市 牧山さんの有機いちごです。

農薬は一切使用していない日本でも数少ない苺農家さんでして本当は今年から福岡県の入江さんの苺を使用したかったのですが、ネット注文のみで、しかも業者が間に入っているのでどうしても注文して1週間は掛かりますので、当店御用達のナチュラルマートで事前に注文すれば即購入できるので去年と同じ熊本県壱岐市の牧山さんの苺にしました。

ご存知の方もいるとは思いますが、苺は傷むのが早いのと害虫に弱いため化学農薬を50回から100回使用するのが一般的な苺栽培だそうで

確かに減農薬や低農薬はよく見かけますが、無農薬の苺を栽培してる苺農家さんは数える程しかいないはずだそうで、苦労されて栽培してるのが分かります。

さてこの手の苺を使ったカクテルは小細工は無用です。当店では苺のシャンパン割りがよくでます。1年で1ヶ月半程しかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

映画  「SP野望編」

映画「SP野望編」
映画「SP野望編」
僕の好きなドラマSPが映画化されました。

今公開されているのは二作目ですが、ドラマの時は毎回見てましたがあいにく一作目の映画SPは見ていません。

二作目も好調と聞いていましたが、機会が在れば見たく思ってました。

そして昨日以前からの常連のお客様の波多野さんが、映画SPの両方とも監督を勤めていたのです。

映画関係の仕事をしてるとは聞いていたのですが、こんな人気映画の監督をしてたとは知りませんでした。早速サインを貰いましたが、更なるヒットを期待しています。

波多野さんは、フリー何で次回作は決まっていませんが、いい映画の依頼があるといいですね。

其にしても映画というと華やかな世界のように思えますが、かなり大変見たいです。

見てくれよりは何でも大変なのですな。

波多野さんは、熊本県出身でして実家が建築関係の仕事をしているので、大学も建築科を卒業しているのにかかわらず、映画が好きでこの道に入ったそうでして最初は実家の大反対にあったそうですが、それでも自分の夢を追いついには、監督デビューとなったのでした。

さて次回作は漫画バーテンダーの映画化の監督かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »