« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

モスコミュール用のマグカップ!

モスコミュール用のマグカップ
もう何十人かのお客様から問い合わせがありましたが、モスコミュール用のマグカップです。

「 えっ!モスコミュールがマグカップで? 」と思う方も居るとは思いますが、

元々モスコミュールと言うカクテルは、アメリカのスミノフウオッカのセールスマンとマグカップのセールスマンが共同開発して作ったとされてます。

それプラスジンジャービアーのセールスマンも、入っている?と言う説もありますが、どうなのでしょうか?

まー今回はマグカップのお話しですから・・・

さてこのマグカップの画像が見にくいかも知れませんが、BAR ODIN のロゴが見えます。

ですがバー好きなお客様は、

「 え!スミノフウオッカのマークが入ったマグカップで飲んだ事はあるけど・・! 」

それは残念ながらノベルティグッツであって無料で貰ったマグカップでありまして自慢にも何にもならないのです。

私が前に働いていた店もそうでしたが、いっぱしの料金をお客様から貰っている高級店でも平気で貰ったマグカップで堂々と出していますね。

特別注文と言わなくても、せめてスミノフウオッカのロゴの入ってない。買ったマグカップで出して欲しいですな。

勿論私の店にはノベルティグッズは、一切ありません。嫌いですから。

さてこのマグカップは特別注文でして 銅鍋や包丁で有名な京都の老舗有次で作った物です。

1枚の銅板を職人が叩いて伸ばして筒上にしてから取っ手も1枚の銅の棒を叩いて加工して付けたのですが、この為に京都の錦の有次の本店まで行き注文したのでした。何度かサンプルが送って来ましたが、当初は取っ手がパイプ上でになってたのが送られた時は私はNGでした。

その分銅が少ない為値段でのコストダウンの用ですが、私は

「 中身が空洞のパイプ上の銅では無くて、高くてもいいので銅の棒を叩いて加工して取り付けて下さい。」

と注文しました。そして銅製のマグカップのお客様の飲み口の部分も苦労しました。外側に反りすぎても駄目でして調整が難しく何回か試作品を返品しました。

(有次さんごめんなさい。)

そしてゴーサインを送り正式に6個注文してから3ヶ月!

忘れたころに届きました。いい出来てして内側は錫で加工してあります。

満足してマグカップを見つめてると、マグカップの入っていた箱の中に封筒が1通?

開封してみると、請求書でした。!3ヶ月待たせても請求は一緒と言う流石に関西商人でんな。おおきに!

まー マグカップ1つでバカラのスタンダードグラスが3つ買える金額でした。 トホホ・・・・

でも多くのお客様にも好評でしてグラスの様に割れませんからいいのですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

発電機を被災地へ

発電機を被災地へ

震災から3ヶ月近くなりますが、未だに避難所生活を余儀なくされている被災者の方々が数多く居るとテレビ等で聞きます。

そこで被災地にボランティアに行こうとしましたが,,長期間のボランティアは歓迎だけど2.3日のみとなるとどうも余り歓迎されないらしく仕事上長期休暇は難しいのですが義援金を寄付しても、銀行が稼働してない等の理由で未だに殆どの被災者の方々には義援金が手元に届いて居ないのが現状のようです。

そこで私の父の実家が福島県なのですが、原発から遠くは在りませんが近くは在りません。

内陸部なので幸い津波による被害はありませんでした。地震の被害も多少はあったようですが、叔父を初め親戚は全員無事でしてホットしました。

敬愛していた父は、残念ですが5年前に急逝してしまいましたが、故郷の福島をこよなく愛していたので、生きていたらさぞかし悲しむと思います。

叔父に連絡を取り避難所で困っている被災者の方々に役立って貰えればと思い我が家にある新品未使用の発電機を送ることにしました。

父の実家に届いたら叔父が発電機を必要としている避難所に持って行き寄付するそうです。ほんの少しだけですが避難所の方々に役立って貰えればと思います。

どうか福島県を含め東北地方の被災者の方々復興に向けて頑張って下さい。!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

自家製ピールチョコ!国産無農薬グレープフルーツ鹿児島県産

自家製ピールチョコ!国産無農薬グレープフルーツ鹿児島県産
自家製ピールチョコ!国産無農薬グレープフルーツ鹿児島県産
自家製ピールチョコ!国産無農薬グレープフルーツ鹿児島県産
自家製ピールチョコ!国産無農薬グレープフルーツ鹿児島県産
今回は先日まで在庫はありましたが、既に終了し来年の4月迄無いのですが、国産無農薬有機栽培グレープフルーツの鹿児島県南さつま市の長崎さんのグレープフルーツでピールチョコを作って見ました。グレープフルーツピールを何度かお湯で湯どうしして灰汁をとりシロップ漬けにして1週間、乾燥させ最後にチョコでコーティングするのですが、勿論チョコはバローラのオーガニックチョコを100%使用しています。長崎さんのグレープフルーツでは初挑戦です。完成品を試食しましたがかなり美味でした。うーん満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

黒船来航の年のコニャック!テセロン1853年

テセロン1853年
テセロン1853年
久しぶりにコニャックの更新です。コニャック業界随一の古酒の保有数を誇る。

テセロン社 私は3回訪問しましたがボンボンヌと言うガラスの容器に古酒が入ってまして これが1900年代初頭から最古は1825年までコニャックの古酒が30リットル程入ったボンボンヌがおよそ3000個の在庫があると言う。

在庫を全部売るとなるとソフトバンクの孫さんの東関東大震災の寄付金を上まる金額になるかな?。

その中の1853年蒸留が画像にあるボトルです。地味なラベルに地味なボトルですが、ラベルの隅にはテセロン社のマスターブレンダーのマシェーラー氏のサインがありますので間違いなく1853年の原酒100%なのです。

ラベルに関してはテイスティングサンプル用のラベルにヴィンテージを記入にサインがあり産地であるグランドシャンパーニュの表記があるだけのシンプルなラベルになるわけですが、当初はラベルやボトルをどうしようか? ガラスのディキャンターに入れようか?と聞かれましたが、私はお酒は中身が命なので

「 ボトルの形やラベルのデザインはどうでもいいので普通のボトルに適当なラベルを貼ってヴィンテージと貴方のサインがあれば構わない。」と言ったのを覚えています。

さて過去にはこのテセロン社最古の1825年蒸留のテセロンをブログで出しましたが、今回は1853年ですがこの1853年は日本の歴史では馴染みのある年でして賢明な方はご存知だとは思いますが、

黒船来航の年でしてペリーが開国を迫り江戸の民を恐怖のどん底に追いやった年でもありまして 、まさしく日本の歴史に多大な衝撃を与えた年でも在ります。

そんな記念すべき年に蒸留されたテセロン1853年ですが、日本にあるのは当店のみです。それは売った当人のマシェーラー氏が日本人にしかもシングルヴィンテージを売ったのは私のみと言ってましたから

琥珀と言うか焦げ茶色に少し褐色が掛かっているどことなく晩秋の銀杏の葉のようだ。

香り

トップノートはかなりソフトであり華やかコンポートした黄桃 ドライアプリコット、奈良の東大寺の大仏殿の湿った古木の香り 鼻孔を突き抜ける瞬間はまるでスティンガーミサイルが発射された時の様に感じる。

口に入れた瞬間ふわっとしたムースの様なソフトな感触がありその後で口の中はブルーインパルスが編隊飛行を何度か交差している様に幾重にものテセロン独自の洗練された上品な深い味わい。アルコール度数が低いので飲んだ後の余韻は思いの他軽く感じるが奥行きはかなりあるように思える

。飲んだマニアックなお客様は

「 僕はコニャックはそんなに、沢山は飲んだ経験は無いけどこのコニャックは別格だ!凄い!飲み込むとスーと入って行く でも軽いだけじゃないしっかり味があるね。」

的は得てる意見です。この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございます。

しつこいかも知れませんが、このテセロンの1853年は日本では当店しか在りません。

それはテセロン社に訪問したバーテンダーは私のみです。

ですから日本では当店のみなのです。

日本のインポーターが初めてテセロンを輸入するより2年近く前に私は訪問しているのですが、その時にテセロン社の社長のアルフレッド・テセロン氏の自宅で今日本で輸入販売されている3種類を試飲しました。

初めて日本人に試飲させたそうですが、その時にいつか日本に輸出したいと言ってました。

それから8年以上経って居ますが未だに日本には1853年は輸入されて居ません。

輸入して販売するとなると幾らになることやら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »