« 宮古島の上地さんのマンゴー! | トップページ | コニャック アルバートロバン1865年 »

2011年8月22日 (月)

国産のレモン!

国産レモン
国産レモン

国産レモンです。
とは言っても当店は、毎年9月から12月まで小笠原の父島の折田さんの完全無農薬レモンのみを使用していましたが、そしてこの時期は愛媛県の岩城島の低農薬ライムを使用していました。

しかし、今年の2月に瀬戸内全体に寒波が襲い半分ほどのライムやレモンの木が凍結してしまい収穫ができなくなってしまい。
近年では、稀な不作になってしまいました。

お陰で岩城島のライムが例年より早く無くなってしまい当店もライムの入手が不可能になり 国産ライムは今のところは瀬戸内以外には栽培されて無いのです。

そこでライムより圧倒的に栽培量の多いレモンを探して使用していましたが、開店以来15年ぶり位に小笠原のレモンを以外のレモンを使用しましたが、前と比べて国産のレモンはかなり変わっていました。

前はレモンと言うより、柚子かな?と思う位微妙でしたが、農家さんの努力や品質改良の為か、最近のレモンはレモンぽいレモンでした。ですが最近NHKの番組で国産レモンの安全性と味が取り上げられ買い手が殺到し、あっという間に、在庫が無くなってしまいました。

それと大手のコンビニエンスストアが、国産レモンのタルトを作った為レモンを大量仕入れしたらしいのです。

そこで色々探して見ましたが、こだわりの無農薬や低農薬レモンは少なく売り切れや次の収穫まで在庫なしが、殆どでして本来は夏の今の時期はレモンは端境期で栽培しても収穫は10月までと後2ヶ月位先なのです。

今あるレモンはハウスレモンになりますが、開花の時期を早めて収穫をずらしたものに、なるのです。

他のバーの様にスーパーにある1個30円位のどうでもいいレモンなら幾らでも入手は可能ですが、その様な反面教師を相手にしても、意味はありません。

ですが流石に我が儘な当店でもライムもレモンも無いとなると、作れるカクテルはかなり限られてしまいますから国産のレモンを探してようやく伊予市の山崎さんのレモンを見つけたのでした。

スーパーのレモンの6倍以上の値段ですからかなり高値になりますが、農家から直接仕入れてこの値段です。
完全無農薬で無化学肥料だそうですが、益虫を使って害虫を駆除してると言うエコロジーな農法ですが、レモンの様なフルーツは有効らしいです。

しかしこれ程国産のレモンが入手困難なのは以外ですし、当店でライムがないのも前代未聞です。

それでも当店はめげずに使用します。レモン農家の方々頑張って下さい。

|

« 宮古島の上地さんのマンゴー! | トップページ | コニャック アルバートロバン1865年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/41312552

この記事へのトラックバック一覧です: 国産のレモン!:

« 宮古島の上地さんのマンゴー! | トップページ | コニャック アルバートロバン1865年 »