« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月20日 (火)

天城産瓜坊の内臓盛り合わせ

天城産瓜坊の内臓盛り合わせ
天城産瓜坊の内臓盛り合わせ
天城産瓜坊の内臓盛り合わせ

銀座店のシェフが

「 馴染みの猟師から猪のいいのがとれたから買わない。?と電話があったのですがどうしましょう?」と言うので勿論

「 買う!買う! でも内臓無いかな?」

「 内臓ですか? 一応聞いて見ます。無かったら諦めてください。」

そして今日届きました。内臓はありました。!

しかもかなり鮮度のいい小豆色です。心臓を見て一目で分かりましたが、

「 これって瓜坊だよね。?」

するとシェフの高林が 「 そうです。分かりますか?」

「 心臓が小さいからね。」

多分2才以下の瓜坊だそうです。

掃除して軽くフライパンでソテーして200度のオーブンに1分半程入れて

オリーブオイルと塩と胡椒と小笠原の折田さんの無農薬レモンを、

添えて出しますが、

全体的に甘味があり瓜坊だからか歯応えは余りありませんが、

臭みも無く餌がいいのか穀物系の甘さが感じました。

僕は癖があると言うか野性味が在った方が、好きなので

もの足りないのですが、充分美味しいです。

これがテレビのレポーターだったら。

「 うーん柔らかーい 癖が無くて美味しい!」と絶賛するのでしょう。

いつも思うのですが、この手の人達は番組の企画でただ飯食べて

ギャラが出るので、何食べても美味しいのでしょうが、幸せですね。

普段どんな食生活をしているのだろう。? ロケ弁とコンビニ弁当ばかりなら

何食べても美味しいでしょう。

それよりも内臓は鮮度が命です。明日か明後日までです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

夢の1961年のボルドーワイン会!





皆さんは1961年のボルドーワインは飲んだ方が居ますでしょうか?

1961年のボルドーは希に見る当たり年で知られています。

ですが、当たり年で高いのは当たり前でして大変高価です。

特にシャトーラトゥールは世紀の当たり年と言われ正に

1961年のワインでトップとして知られ今現在でも伝説のビンテージと、

言われています。

そのラトゥールの1961年を筆頭に今回は

カロンセギュール マルゴー ランシュバージュ レオビルバルトン

の5本とシャンパンを1本計6本を、飲もうと言う企画です。

流石に乾杯用に1961年のシャンパンがご用意出来なかったので、

乾杯は1966年のベルフォンで勘弁して下さいませ

保管は当店の地下2階のカーブにて万全の保存状態です。

そしてフードですが、銀座店の通常のメニューをアレンジして赤ワインに、

合う形にしてもらいお任せして最高の食材でご用意させて頂きます。 

正に夢のワイン会です。

何せネット上ではラトゥールの1961年は1,050,000円で取引されていますから驚きです。マルゴーの1961年でさえ450,000円です。

コストパフォーマンスは抜群ですが、参加費用は非公開です。

参加希望の方のみ知れます。 参加したい方は是非お待ちしています。

qza04174@nifty.com が問い合わせ先になります。

先着10名様のみの限定になります。

既に何名様か予約があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

何とか銀座店がリニューアルオープンして1 0日過ぎました。

何とかリニューアルオープンして1<br />
 0日過ぎました。
何とかリニューアルオープンして1<br />
 0日過ぎました。
何とかリニューアルオープンして1<br />
 0日過ぎました。
銀座店がリニューアルオープンして早くも10日過ぎました。

何せ急に決まったので準備まで時間が無くバタバタとしてしまい沢山の方々に御迷惑掛けましたのでこの場を借りてお詫び致します。

ですがリニューアルといいましても、時間もお金も無いので照明やバックバーの棚を多少変えた位で外観は殆どそのままです。

但し優秀なシェフがいますからしっかりしたフランス料理が、食べれます。

ですがキッチンが2坪しかない為作れる料理に限度があるのですが、東大卒のワインマネージャーが考えた結果タパスを前菜代わりに出そうとなりました。

タパスとはスペインバーにある一口サイズのつまみな訳ですが、そこまで小さくなくそこそこの量で常時12種類以上のタパスからお客様に選んで頂いてメインディッシュとデザートはキッチンでシェフが作る様にしました。

タパスはネタケースを購入してカウンターの上に置きカウンター内で盛り付けしてお客様に提供する形にしました
野菜も在れば魚も在れば肉もあるのでお客様の好みで選んでもらって結構です。

画像にある三種類は

パルマ産の生ハムと冷製ラタトゥユ

冷製野菜の軽い煮込み コリアンダー風味

サラダニソワーズ グラス仕立て

これ以外に9種類ほどあります。メインは画像にあるのは蝦夷鹿のポワレ蜂蜜ソースです。

そして岩手産 岩中豚の骨付きロースのロースト香草風味

これ以外に鴨のコンフィ 粒マスタードソース

和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み

魚介類はメインは1品しかありませんが、この日はアイナメでした。

デザートは常時五種類程ご用意しています。画像は在りませんが、

クリームブリュレ 小さなソルベを添えて 

マスカルポーネのクリーム季節のフルーツとライチのジュレ

ショコラテリーヌ バニラアイス チョコレートチュイルを添えて

こちら以外に2種類あります。

最後にオーガニックコーヒーかエスプレッソかオーガニックダージリンティーかオーガニックアールグレイが出て一緒に木村さんのドライアップルが出て

5500円になります。

バターは別料金ですがオーダーが入ってからバターを作ります。よって少々お時間を頂きます。

勿論コース以外にもアラカルトのメインだけの注文も可能ですしタパスだけの注文でも可能です。

因みにタパスやメインの付け合わせに使用している野菜はビオファーム松木の野菜と永田農法の枝分かれの美味しい本物の会などの拘りの野菜です。

デザートだけの注文も何の問題も在りません。
今まで通りカクテルやシングルモルトやブランデーだけ飲まれるだけでも大丈夫です。

営業は6時から10時30分までがレストランタイム全席禁煙で 10時30分からは喫煙可能になります。

レストランタイムでも、入り口前に灰皿が用意してありますので喫煙の方はこちらをご利用下さい。

尚 恵比寿店は今まで通りオーセンティックバーとして営業しています。

皆様方のご来店お待ちしています。

ご来店をおまちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »