« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月24日 (金)

トマト復活!究極のブラッディマリー!

トマト復活!究極のブラッディマリー!
トマト復活!究極のブラッディマリー!

トマト復活!究極のブラッディマリー!

遂に毎年冬の名物であるブラッディマリーが復活しました。!

トマト作りのアルマン・ルソー?と言われるトマト名人の石山さんは、あの美味しんぼの第7巻にも掲載されている方です。

そして日本農業界の神様と言われる永田農法の永田先生の指導の元で栽培しているトマトでして御覧の様に水に沈みます。

この濃厚なトマトとウオッカのブラッディマリーを初め自家製ダブルコンソメを入れるとブラッディブルそして自家製天然蛤で作ったスープを入れるとブラッディシーザーになりまして当店の一番人気のカクテルです。

トマトの美味しい時期しか在りませんから毎年4月一杯でして在庫があればゴールデンウィーク辺りまであります。

えっ! トマトは夏でしょ? と思う方も多いとは思いますがトマトの原産地はアンデスの山奥で土壌が貧欲で温度差が激しく乾燥した地です。その環境に近い状況でトマトを栽培するとトマト本来の味が濃くなります。糖度も10度以上でして一般のトマトは4度にもならないので甘みだけで倍以上そして酸味もしっかりしている為濃厚なトマトが産まれます。

仮にでは夏はどうかと言うと、湿気が在る分トマトは空気中の水分を吸ってくれるので味は薄くなります。おそらく当店の冬のトマトのブラディマリーとかを飲んでいる常連の方々は夏のトマトでブラディマリーを飲むと誰しも味が薄い美味しくないと言うのは、目に見えています。 正直夏のトマトの方が水分が多い分果汁が取れるので儲かるのです。

儲けより味を追求すると今の時期が良いのです。因みに完熟トマトをよくスーパーなどで目にしますが、永田農法のパクリでありフルーツトマトやそのほかのトマトも同じです。

永田農法は世界特許ですから裁判すれば必ず勝てるはずですが、永田先生の人柄でしょう。そうすると農家さんやそれに関わる方々も大変だろうからだそうです。

その永田先生の指導の下の石山さんのトマトの最高ランクの特選3S以上を使用しています。4Sを以前から頼んでいますが、取れないので3Sで勘弁してくれと、石山さんに言われました。 因みに都内にも何軒か石山さんのトマトを使用しているレストランは在りますが、何処も3S以上を使用しているレストランは無いそうです。その前に数がないので殆ど当店のみの使用ですが、理由は高いからです。 まー バーではまずあり得ないです。

とにかく期間限定のトマトのカクテルですのでお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

20世紀最高のビンテージ 1961年のボルドーワイン会










盛況で無事に終了しました1961年のボルドーワイン会の報告です。当店のワインマネージャーの南さん曰く

「 1961年は僕の誕生年なのでラトゥール以外は全て飲みましたが、全て状態は良かったですね。マルゴー何かは僕の飲んだマルゴーよりも全然状態は良かったですよ。」

談でした。以外とシャンパンの1966年のキュベエドワードがかなり美味しかったです。今回はティスティングコメントはシャンパンとマルゴーとラトゥールのみで勘弁してください。

キュベエドワード 1966年

色 

ロゼシャンパンの様な薄い桃色と黄金色

香り 

ライ麦パンや梅干しの紫蘇の様な優しい酸味 極上のシャルドネと材木問屋干したプルーンの如くフルーティなところもある。

味 

45年以上の歳月を経てるとは思えない赤ん坊の産毛の様な細い柔らかい泡で酸味がありつつライムの爽やかなフレーバーが、口の中を駆け抜ける。石灰質の土のミネラル感もありバランスの取れた古酒である。

マルゴー 1961年

色 

奥深い濃いルビー色 エッジがもの凄く厚いグラス全体にマルゴーが地球齣の様に回る。

香り

雄大な屋久島のジャングルの屋久杉の香り 極上のお香 濃いC型の血液 

甘みがあり舌にのせた瞬間元気でトランポリンで5回以上ジャンプしている時の様な元気でいて雄大なワイン 黒糖の如く濃い甘みあり余韻ははやぶさの水素エンジンみたいだ。偉大なワインなのは間違い無い。

ラトゥール 1961年

濃い赤でいて 黒真珠の様に輝いている

香り

とても1961年のワインとは思えない程しっかりした疾風怒濤のごとく王者の風格。コヒーバのマデューロの長期熟成の葉巻や、ジビエの王様のベキャス そして動かざる事山のごとし品格

素晴らしくバランスの取れたワインであり、最初は酸味が際だったが、時間が経つと深みのある味わいに変貌する。とても50年の際月を得ているとは思えないスーパーボディのラトゥールでありタミーネーターのアーノルドシュワルツネーガーの体型のようだ。飲み込むと落雷が全身にとどろき 最後はサザエさんのエンディングの煎餅を食べて 「 うが・うぐ!」 になった気分だった。未だ20年近くもつのでは? と参加者の方々の意見でした。

さて料理ですが、今回は

前菜 3品です。

1品目 

人参のムース コンソメのジュレ 鱒の卵とロシア産キャビア

2品目

フォアグラのと無農薬野菜のサラダ バルサミコソース

3品目

猪のアンドゥイット ブルギニオンソース

メイン

1品目

茨城産小鳩のロースト サルミソース 4種類の内臓の炭火焼きと共に

2品目

新潟産 網取り鴨の炭火焼き ペリゴールソースとたっぷりのトリフスライスで

デザート

1品目

出来たてのバニラアイスクリームと刻みトリフ入り

2人目

自家製マロングラッセのモンブラン

最後に有機栽培コーヒー or 有機栽培紅茶

です。1人でこれほどの料理を作った高林シェフには賞賛の拍手がありました。

最後に当店のスタッフの

店長 山手茂雄

ワインマネージャー  南直人

諸見里 真卓

に感謝すると共に

そして今回の61年のワインのテイスティングコメントは参加者の中嶋さんと中野さんのコメントが良いヒントになりましたのでこの場を借りましてお礼を申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

世紀のビンテージ1961年のボルドーワイン会! 予約終了!

オーディンの菊地です。

2月8日(水)に企画していました。 1961年のボルドーワイン会ですが、既に先週の水曜日時点にて完全満席になりましてこれ以上のお客様はお引き受けできませんので、このブログでお詫び致します。1名様の参加希望が在りましたが、申し訳ありませんでした。

それにしてもいくらコストパフォーマンスが良くても1人参加費用が当店では初の105,000円という参加費用でも,集まるのが凄いというか何というか・・・

参加費用を決めた当店のワインマネージャーの南さんも驚いていました。(笑)

決めた当の本人が驚くのも笑えますが・・・・

周りの飲食店関係者も、

「 こんな芸当が出来るのはオーディンだけですよ。!」

と何人かに言われましたが、どうなのでしょうか?少なくても余りないとは

思いますが、ロブションやその他のグランドメゾンならまだしもバーであれば教えて欲しいですね。

感想は後ほどブログにてお伝えします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »