« オールド・ロマネ・コンティの会 | トップページ | 国産グレープルーツ! »

2012年3月27日 (火)

究極のブラディシーザー!

究極のブラディシーザー

ブラディシーザー用の蛤です。

そうですようやくブラディシーザーが飲めます。

今回は九十九里の地蛤でした。震災の影響で蛤が高騰してしまい平年よりも3割ほどあがっていまして頭が痛いです。

蛤1キロ辺りに対してを日本酒を1合煮詰めて水を1リットル入れ蛤を、入れて軽く沸騰させて蛤が開いたら身を取りだし蛤汁の中に一晩漬け込みます。

翌日蛤の身を取りだして包丁で蛤を開いてハラワタを丁寧に取りだした後は、

身を蛤汁の中に入れて煮詰めてからミキサーで細かくしてから更に煮詰めて味を整えて完成です。

えーしょっぱくないの?と言う方も居ると思います。心配ご無用その辺は大丈夫です。

事前に蛤を塩水に漬けますが段階的に塩分濃度を変えて完成時には殆ど塩分を感じません。

そして石山さんのトマトジュースを入れると出来合いのクラマトジュース等は問題外のジュースができあがりです。

市販のクラマトジュースの中身は、缶詰のトマトジュースに人工的に作った蛤エキスと更に不味いから化学調味料を入れます。

ウオッカにこのクラマトジュースを入れるとバーの99%以上が使用しています。

ブラディシーザーの出来上がりで実に簡単で原価は格安です。 

当店のブラディシーザーの何分の一の原価ですかね。?手間も全く掛かっていません

。羨ましい限りですな。

さて1番の悩みが1㍑で原価が7,000円以上してしまうのですが、此が最大のネックでして

当店とって最大のライバルはバーではなく原価が最大のライバルなのです。

この究極のブラディシーザーが飲めるのは他のバーにあるかどうか分かりませんがお待ちしています。

|

« オールド・ロマネ・コンティの会 | トップページ | 国産グレープルーツ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/44647444

この記事へのトラックバック一覧です: 究極のブラディシーザー!:

« オールド・ロマネ・コンティの会 | トップページ | 国産グレープルーツ! »