« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月28日 (月)

六白黒豚のロースト

六白黒豚のロースト
昨日お客様に出した。六白純粋黒豚の肩ロースです。流石に即座に銀座店の様に炭火では焼けないのですが、250㌘にカットして塩胡椒してフライパンで強火で両面焼き5分以上休ませてからオーブンに入れて少し火を通して 又オーブンから出して休ませてを、更にもう1回を繰り返します。「えっ!炭火が無理ならフライパンで焼けばいいんじゃないの?」 と思う方も多いと思いますが、美味しい素材を更に美味しくするにはそれなりの手間と時間がかかるのです。ですがしかし此でおしまいと思ったら駄目であって進化・向上が、あってのシェフであってバーテンダーも同じです。話が横道にそれましたが、ゆっくり焼きましたが流石に銀座店の高林シェフの様に焼けませんでしたが、そこそこ上手く焼けました。ソースは煮詰めた肉汁とオーガニック白ワインと少々の醤油と蜂蜜です。頼んだ方は軽く食事したから食べれるか?と言ってましたが、2名様で250㌘をぺろりと食べ、パンまで食べてましたから大分満足してました。それにしても、こんな仕
事は暇だから出来るのですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

1982年・1986年 グレートヴィンテージ 飲み比べ&ジビエ料理の会

新年あけましておめでとうございます。

新春の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。昨年は格別のお引き立てを
賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。

本年も変わらぬご愛顧よろしくお願いいたします。

つきましては、上記ワイン会を企画いたしました。

お安い会ではございませんが、ご興味のございます方は是非のご参加お待ちしており
ます。

店主 菊地貴彦


ワイン

・Dom Prignon 1982

・CH.Lafite Rothschild 1982

・CH.Lafite Rothschild 1986

・CH.Margaux 1982

・CH.Margaux 1986

・CH.Mouton Rothschild 1982

・CH.Mouton Rothschild 1986



メニュー

・北海道 厚岸産牡蠣・北寄貝のミキュイ カリフラワーのムース キャビア添え

・マッシュルームのスープ インカのめざめのロースト 冬トリュフの香り

・真鴨の内臓とフォアグラのパイ包み焼き ポートワインソース

・猪のロースト ジュニエーブルのエッセンス風味

・月の輪熊ロース 炭火焼き

・デザート1品(内要は未定)



日時 2月6日(水) 18時30分~21時頃

募集人数 10名様

会費 120,000円(税込)

募集締め切り 1月30日(水)

注意事項

会費お預かりのお申込み順とさせていただきます。

募集締め切り以降のキャンセルはご遠慮ねがいます。

参加人数が10名様に満たない場合は延期となります、申込みいただきました

お客様にはご不便・ご迷惑をおかけしますが、返金の対応となります。

何卒、ご容赦ください。

料理につきましては、天候・仕入れ状況により変更がある場合がございます。
問い合わせ Vin et Cuisine ODIN 03-5537-0055
PS
早くも2名様が参加決定になりました。後8名様のみですのでお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

脅威の林檎!


新年は恵比寿店は昨日から営業していましたが、ふと冷蔵庫を見ると去年の大晦日に切った木村さんの林檎があった。

サンフジと言う品種ですが比較的痛みやすい品種なのですが、ご覧の様に6日間過ぎているとは思えません。

勿論ラップでくるみましたし若干色の変化はありますが、6日間過ぎているので、どうかな?と思い切って食べて見ると味も食感も6日前と殆ど遜色在りません。

今更思いますが、驚きました。

18年間の開店以今年は、曜日の関係とは言えこれだけ長期間の休みは初めてでしたが、まさか切った林檎が何とも無いとは?

木村さんに感謝です。いやでも多分木村さんは、こう言うと思います。

「 いやー私じゃ無くて林檎が偉いんですよ。私はたいしたことしてません。」

当店のカクテルも、よくお客様には

「 こんな美味しいカクテルは初めてです。本当に美味しい。」と言う方も多いのですが、

「 素材がいいからですよ。栽培している農家さんが偉いのです。僕が偉い訳ではありません。 後は他のバーとはやっている仕事が全く違う事ですね。」と何度か言った時がありますが、農家さんは大変ですね。

今日から銀座店も恵比寿店も通常営業になります。今年も宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »