« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月29日 (水)


う?いつものブラディマリー? いや違うと思うかたも居ると思います。

そうです。2013年 オーディン版ハイパーブラディマリーです!

永田農法の石山さんのトマトをジュースにしてオーガニックウオッカを入れ
トマトジュースを裏漉しを何回か繰り返してゼラチンを加え ゼリー状にしたものと、トマトジュースを裏漉しして弱火で軽く煮詰めてからソルベにしてグラスの上に浮かべました。

液体と個体の間のジュレと個体のソルベと液体であるトマトジュースです。

かなり良い出来ですが、まだ改良する余地はあります。と言うかこれで終わりこれでいいのだ。と思ったらおしまいです。

常に研究心と向上心をおことらずに新しい方向性をと考えています。

最近流行りのエスプーマや液体窒素も面白いかも知れませんがどうなのでしょう?
面白いと美味しいとは別なのです。

かつて当店が開店当時モスコミュールに、ジンジャーエールやジンジャービアーも使わずに、生姜の絞り汁を入れて提供した所
賞賛は多くても、少数の異論を唱えた輩も居ました。

勿論異論を唱える輩は、異論を唱えるだけで、自分では何一つやって無いのですが・・ 要は口だけの輩です。

そして生姜の絞り汁プラス試行錯誤して今の特製ジンジャービアー迄になったのですが、まだまだ改良しています。

このブラディマリーもまだまだ未完成です。
終わりはないのです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)


手拭きのハンドメイドボトルなので分かりにくいかもしれませんが、コニャックのティフォンブラスタッドの1906年蒸留 2006年瓶詰め 100年熟成です。

ネットであるかどうか分かりませんが、小売価格は日本で25万円します。

勿論私は直に社長と会って購入しましたから 裏には社長のサインがあります。
作り手の社長のサイン入りのボトルを持っているバーが日本で何件あるかですが・・

それに25万円するコニャックを幾らで、お客様に出すかです。
1本につき20杯位しか取れません。仮に20万円で買ったとしても一杯1万円貰ってもうけなしのボランティア原価です。

当店はそれより安いのですが、これ以上は言えません。
因みにこのティフォンの更に上級版がありまして、1800年代初めの原酒がブレンドされていて
クリスタルディキャンターで純金製の龍が、回っていて龍の目玉がルビーになっていまして 蓋は水晶玉で、まさに絢爛豪華なボトルで、名前もゴールデンクリスタルドラゴンでして 値段が6千万円です。

勿論1本でこの値段です。さて僕は飲んでませんから分かりませんが、ディキャンターはいらないですね。仮にディキャンター無しで、此が、値段が4千万円で買えたとしたら原価で売ると20等分して1杯分200万円になります。

安く買って原価で売ってもこの値段に、なりますから大変です。

中には、イベントで原価で出してもあーだこーだ言うクレーマーの方も居ます。

そう言う方は2度とイベントには呼びませんし、
文句があるなら 自分で1本買って飲めばいいと思います。もしくは他のバーで当店の3倍程の値段で飲むとかですが、どうなのでしょう?

でもこの6000万円のティフォンのゴールデンクリスタルドラゴンは中国向けだと思いますが、売れるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)


スプリングバンクは数あれど、このウエストハイランド1966年は格段に違います。

又同じ1966年でも、バーボン樽とシェリー樽があり勿論シェリー樽の方が圧倒的に高い。

3種類全てが樽だしで、1番アルコール度数の高いロットは60%超えで人によって好みは分かれるが、モルト通の間では、既に幻の領域になりつつある。

市場価格は天井知らずで、既に30万円は優に超える。
しかもその人気の為偽物が、蔓延しており。知り合いのバーが、何件か偽物を掴まされている。

勿論このスプリングバンクウエストハイランド1966年は間違いなく本物である。
極上のシェリー樽の甘味と共に、スプリングバンク独特の塩っぽさもあわせ持っている傑作と僕は思う。

値段は?と思うかたも居ると思いますが、貴方がもし市場価格が30万円超えるウイスキーを売るとなると、どうしますか?

1本につき20杯程しか取れません。因みにもう6年以上前に知り合いのバーで26000円で売ってました。勿論一杯です。

たまに、「えっ!一杯?」と意味不明な事を言うかたも、居ますが、一杯以外何があるの?と思います。

価値観を考えて今現在の相場を考えると30000円以上が、相場でしょう。

先日来店したお客様から聞きましたが、とある東京の郊外のバーで100000円
勿論一杯ですが、売られているそうです。

「 昔は?」
と言うかたもいると思いますが、タイムマシンを作って昔に行くしか無いですね。僕もタイムマシンが欲しいのです。

さて恵比寿店のみですが在ります。
値段は? 味は?でしたら郊外のバーで100000円払って一杯飲めば、クレームだろうが何だろうが、バーテンダーの方は聞くと思います。

でも素晴らしく美味しいのは確かであって世界的なモルトバブルの最中値上がりはあっても、値下げはないはずです。

あるとしたら為替が1ドル20円になればあり得ますが、無いでしょうね。
此はワインも言えてることであり最近僕に取っての聖域である。
コニャックやカルバドスやアルマニャックもモルトやワイン程では在りませんが、じわじわと値上がりしてます。


値段を考えずに、後悔しないうちに飲んだ方が無難だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

ボルドー 古酒の会

オーディン店主菊地貴彦です。

真のオールドボルドーを味わう会を下記内容で企画しました。

ご興味の御座います方々のご参加をお待ちしております。

日時 5月22日(水) 19時~22時頃

会場 ODIN銀座店 中央区銀座5-4-15エフローレビル5-B1

内容  ウェルカムシャンパーニュ

    CH.モンローズ 1961

    CH.コスデストゥルネル 1947

    CH.レオヴィルラスカーズ 1945

    CH.シュヴァルブラン 1945

    CH.ラフィットロートシルト 1933

    コース料理をご用意します。

    ※食物アレルギー・苦手食材あります方はご連絡ください。

募集人数 8~10名様

会費 総額900.000円をご参加人数で等分とさせていただきます。

   10名様ご参加時 おひとり様90.000円

   9名様ご参加時  おひとり様100.000円

   8名様ご参加時  おひとり様112.500円

ご参加希望の方・詳細につきましては菊地貴彦メールQZA04174@nifty.ne.jpまで

 もしくはODIN銀座店03-5537-0055までお問い合わせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »