« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)


鹿児島県の長崎さんから国産完全無農薬去年から無肥料のグレープフルーツが届きました。

年に2ヶ月程しか取れませんし、国産のしかも無農薬のグレープフルーツはかなり希少です。

多分日本で消費されているグレープフルーツで、国産のしかも無農薬のグレープフルーツは全体の0.0001%程あるのでしょうか?

とにかく希少なのは、間違いありません。

グレープフルーツは大量の農薬を必要です。

通常収穫されるまでの間に、30回から40回農薬を散布します。
更に保存性を高める為に、収穫後に防腐剤と防カビ剤をたっぷり塗りますからたまりません。

私から見れば、市販のグレープフルーツは危険物の固まりです。

当たり前ですが、勿論バーの殆どはこの農薬と保存料の固まりのグレープフルーツを使用しています。
但し原価は長崎さんのグレープフルーツの3分の1ですから安くだせます。まー安くて当たり前と言ったら当たり前です。
もっとも私の店では例え原価が安くても、この様なグレープフルーツは使用しません。

長崎さんのグレープフルーツは、完全無農薬のしかも去年の6月から無肥料にしたそうで、奇跡の林檎の木村さんの林檎の如く完全無農薬無肥料で栽培しています。

昨日恵比寿の変態和食の主人が、このグレープフルーツを食べて

「 全然他のグレープフルーツとは違う!えぐみがないしとジューシーだししっかり甘味もあるし 酸味のバランスもいい。」
とべた褒めでした。


さてこの希少なグレープフルーツでのソルティードックやシャンパーニュで割ったホワイトミモザもかなりの評価は高いのですが

期間限定ですのでご理解下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)


愛媛県の宇和島市から無農薬有機栽培のレッドパールと言う苺が入荷しました。
去年から使用していますが、香りと味の濃さといい最高です。

苺にしては珍しくハウス栽培ではありません。しかも画像の様に半分に切っても真ん中まで赤い苺なのです。
苺は見てくれを良くするために、大量の農薬を使用しますが、その回数は50回から100回とされてます。

勿論化学肥料も使うのが殆どであって中には化学肥料に苺の人工的なフレーバーを漬けてありその化学肥料を苺畑に撒くとわざとらしい香りのする、苺の香りのする苺が完成します。八百屋やデパートにある苺で見てくれの良い苺で香りが嫌らしい位ある苺はこの手の化学肥料を大量に使用しているのでしょう。


さてこの希少なレッドパールは年に2ヶ月程しか在りません。

シャンパンで割るレオナルドは大人気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »