« | トップページ | 薬研 登場! »

2014年7月15日 (火)

究極のマンゴー 入荷しました。

鹿児島県 南さつま市の塩屋さんから完全無農薬有機栽培のマンゴーが、届きました。

かなり美味しいマンゴーです。しかも希少な完全無農薬有機栽培
それにしても塩屋さんのマンゴーは美味しい!香りといい濃厚な味わいは最高としか言いようがありません。 

出始めは高くて手が出ないので、買いませんが、7月になるとキロ
4000円代になるので注文します。
と言いましても皮を剥いて果肉の表面は、筋が多いのでつかえません。

ご存知の方も居るとは思いますが、マンゴーは種が大きいので、種は使えません。種の周りは、苦味が在りますしざらざらと食感があるので使えません。
ですから実際カクテルに使用出来るのは、半分ほどです。結果的には、キロ8000円のマンゴーと言いましても過言ではありません。

以前スタッフの1人が、
「 閣下! マンゴーですが、カクテルにすると、お客様から2200円頂いても原価が、50%超えですよ。どうします? 」

僕に
「 どうするも、このまましかないだろう。」

「 ですが、このままでは、採算が・・・ 値上げするとかしないんですか? 」

「 まー 人が居て 人があっての商売だ。無闇に値上をしたり 小細工したりすれば、お客様は馬鹿じゃないから直ぐに気付く ならこのまままでいい。」

以前友達の鮨屋が、大間の本鮪の大トロなんか一貫で、原価2000円で、店での提供価格が、2000円だと言うが、大トロだけ食べて帰るお客様は居ないので、鮪で利益率が無くても他の原価率の低いネタでカバーすると言う。 

所が、鮨屋と違いバーの場合は、カクテル一杯で、帰ってしまうお客様は多数います。

これが他のバーの如く 1個150円のフィリピンマンゴーでしたら 1000円以上で売ればぼろ儲けですが、それだけはしたくないです。お酒は売りますが、魂は売りませんから

さて 塩屋さんのマンゴーは8月一杯でお終いです。 宜しければお待ちしています。

但し他のお酒も飲んで下さいと言いたいです。

|

« | トップページ | 薬研 登場! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/56800566

この記事へのトラックバック一覧です: 究極のマンゴー 入荷しました。:

« | トップページ | 薬研 登場! »