« ザ・グレンリベット オールドボトル | トップページ | クリュッグクロダンボネ とロマネ・コンティの会 »

2017年12月14日 (木)

ピエールフェラン 1962年

久しぶりに開けましたが、やはりいいですね。
名門コニャックメーカーのピエールフェラン1962年 52%の樽だし

恵比寿店の開店5周年に120本瓶詰めしましたが、大分減りましたね。後6本位かな?

今はコニャックの殆どが、栽培が楽で害虫や病気に強い ユニブランと言うブドウの品種がコニャック全体のブドウ畑の95%を占めていますが、このピエールフェラン1962年はコロンバールと言うコニャック全体の1%あるかないかの希少な品種が30%で70%がユニブランであり 此はかなりレアなのです。

しかも原価の高い樽だしのアルコール度数52% 更にレアです。

19年前に渡仏してピエールフェラン本社に訪問した時にサンプルを幾つか飲んでから決めました。

開封して暫くたった方が良いとは思いますが、今は開封してすぐでも充分です。
1513241511338.jpg

|

« ザ・グレンリベット オールドボトル | トップページ | クリュッグクロダンボネ とロマネ・コンティの会 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140507/72454768

この記事へのトラックバック一覧です: ピエールフェラン 1962年:

« ザ・グレンリベット オールドボトル | トップページ | クリュッグクロダンボネ とロマネ・コンティの会 »