« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年2月26日 (月)

1964&1961年 ボルドーワイン会

先日のボルドーワイン会のテイスティングコメントです。

シャトー レオビルラスカーズ

外観

1964年とは思えないエッジはの濃い赤

香り

サンジュリアンの中でもトップのポテンシャルを誇るワインだと以前から思っていましたが、痛感出来るインパクトのある香りかも知れないラスカーズだ。酸味は穏やかでいて繊細ラスカーズの特徴をそのままにしたようなラスカーズかも知れない。石灰質のテロワールは繊細でいて華麗な香りを産む

味わい

口当たりはかなりしっかりとしていてある意味サンジュリアンぽくないワインのように感じるだ。ボディが厚いまるでアイアンマンの胸板のようだ。時と共に繊細でいて石灰質の味わいがしてくる断崖絶壁にある堅牢な中世の城のワインの用に感じる。余韻は何故かふんわりとした綿菓子のようだ

シャトー シバルブラン

外観

ガーネット?ルビー?嫌
とても見事な深い赤色

香り

シバルブランはサンテミリオンでは?この香りはサンテミリオンぽさは余りない。
どちらかと言うとポイヤックのラトゥールのような硬い味わいのニュアンスを感じる
鹿のなめし革やラズベリー系の香りが強く明らかに芯のある味わいのするワインだ。

味わい

口のなかにいれた瞬間は、かなりのボディの奥深さが感じる。やはり推測通りシバルブランの読んで字の如く白馬らしい華麗でいて気品溢れる白馬に乗った王子様ではなく鎧に身を包んだ屈強な円卓の騎士の様だ。だが時間がたつと少しずつ成長している。 白馬からドラゴンに変身してゆくようだ。余韻は華やかだが地球ゴマのように長く続く。シバルブランは1947年が最高傑作だが、1947年がキングオブシバルブランならこの1964年はクイーンオブシバルブランの称号を僕は与えたい素晴らしいワインだ!

シャトー・オーブリオン

外観
鮮やかなルビー色 どこかラズベリー色

香り
トップノートはなぜかパプリカのピクルス? 時と共にガラリと変わる水戸黄門の由美かおるの陽炎おぎんの変身シーンのように感じる。
カシスやラズベリーは勿論ベリー系がかなりの種類の集大成があり 古井戸の湿った風味もある
1519574579330.jpg

1519574580148.jpg

1519574580808.jpg

1519574581531.jpg

1519574582192.jpg

1519574582814.jpg

1519574583445.jpg

1519574584292.jpg

1519574585033.jpg

1519574585773.jpg

1519574586498.jpg


1519574578039.jpg

味わい

とても第1回目の東京オリンピックと同じ年のヴィンテージとは思えない躍動感が口の中に広がる。
かなり元気なワインだ。
ブーメランが口の中で回っている感覚のワインでもある。

後味はクリーミーな熟成したウォッシュチーズのようだ。間違いなくオーブリオンの歴史に輝くヴィンテージだと思う。

モンローズ 1964年

外観

濃い赤 薔薇色 国会議事堂の赤い絨毯よりも深い赤

香り

抜栓した瞬間 かなり香りが弱く感じた。時間と共に変貌するさまは、石川五右衛門や飛び加藤のような男性的で怪しげな雰囲気があるワインだ。
ペンキのようなオイリーなトップノートはかなり印象的でありインパクトがある。

味わい

やはりこのモンローズは素晴らしいの一言だ。52年の歳月を経てるとは思えないパワフルなワインであり。鎌倉の大仏のような重量感がある。だが喉ごしは滑らかつ華やかだ。 まるで東京オリンピック の選手団のパレードのようにも感じる。
そして後味は大谷選手の162キロの豪速球のようだが雄大な富士の樹海にも似た風味や難攻不落の真田丸の如く男性的だが洗練された。ワインでもある。
偉大なる金字塔の1964年のワインには敬服してひざまついて飲んでみたい。

シャトー・パルメ 1961年

外観

クリアーな朱色 風林火山の赤揃えかと思うくらい目立った朱色

香り

1961年とは思えない躍動感のある芳香な香りでいて 雄大でもあり 平凡だが煮詰めた莓のジャム カシスやラズベリーどちらかというと、餡子のような甘さを感じる
湿った水道管や藁葺き屋根の家にある桐の箪笥の木の香り

味わい

1961年はボルドーはいずれも最高の年だが、過去にもカロン・セギュール ラトゥール ポンテ・カネ マルゴー等飲んだがパルメの1961年は同じマルゴー村の5大シャトーでも、シャトー・マルゴーとは全く異なる味わいでもある。
インパクトとしては痛烈であって衝撃的 ヘーゼルナッツの様な甘味があり 滑らかかつ繊細 ベルサイユ宮殿の鏡の間のようにきらびやかだ。
舌の上でトリプルループや4回転ループのように回ってゆく 後味は55年の月日が走馬灯のように過ぎてゆく これが良い感じに熟成してきたと言うのだろうか? このパルメはやはりキングオブパルメかも知れない。偉大過ぎるパルメに乾杯!

料理は蝦夷鹿を使用したシンプルな料理にしました。
残念ながら猪鹿コンソメスープの撮影は忘れましたが(笑)

| | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

無農薬苺 入荷しました。

千葉県 南房総市から遠藤さんの苺が入荷しました。
僕にとっては当たり前ですが、完全無農薬です。

僕は苺は子供の頃食べた時期が4月の終わりとかに露地栽培の無農薬の苺を実家で趣味で父が栽培した思い出があるので2月から?と思っていましたが、地球の温暖化や品種改良などで季節が変わってきているそうです。

遠藤さんの苺の畑訪問は3年ほど前に行きましたが、南房総という温暖な場所ですが、海沿いと言うか海まで徒歩3分?なので風が強い為風よけの為にハウスにしてあります。ですが暖房はたいていませんので、路地栽培同然です。
そして完全無農薬です。

遠藤さんは、「 農業は楽しいですよ。そりゃ無農薬ですから苦労は絶えません。でも上手く栽培できて美味しくできるとたまらなく嬉しいですし 喜んで食べてくれるお客さんがいると本当に嬉しいです。」そんな話しを聞くだけで涙がこみ上げてくるのは僕だけなのでしょうか? 1度しかお会いしていませんがこの人の苺は、値段に関係なく一生使おうと心に決めました。」

届いたのは昨日ですがスタッフの一人が、
「 でも閣下この苺は幾らするのですか? 」

「 知らないなー 遠藤さんが一生懸命栽培しているのにいちいち値段なんか聞けるか! 申し訳ないだろうがでも確か1パ
1518376135538.jpg

1518376137185.jpg
ック 2千円はしないとは思うぞ。」

「 えっ!! 1パック2千円近くするのですか? 」
「 じゃあ例えばだが、いちいちオーダーするカクテルやウイスキーを幾らですか?
とか聞くお客さんに良いウイスキーやカクテルを出そうと思うか?」

「いえ それはー・・ 」

「だな。だから作りての方の苦労を考えたらいちいち値段何か聞けないよ。いつも言い値で買っているお客さんといつも細かく値段ばかり聞くお客さんとどちらにいい物を回したいのはどちらか分かるな?
だから値段何か聞かない。それが1番だ。」

苺は無農薬はフルーツの中でも栽培が、かなり困難なフルーツです農薬を50回から100回使用するのは通常です。そして大量の化学肥料
以前知りあいの有名シェフが、「 大根の畑に苺の散布する化学肥料をまくと大根に苺の香りがするんです。要するに市販の苺には香りが高くなるように化学肥料に合成香料が入っているのですね。怖いです。」
と言う話しを聞きました。

勿論遠藤さんの苺はそんなことは無縁です。

苺好きな方はお待ちしています。

| | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

1964年第1回東京オリンピックのワイン会!

結局フェイスブックとブログだけで、募集しましたが、直ぐに集まりました。
開催は決定的ですが、後2名様で満席になります。

宜しければどなたかお待ちしています。

久しぶりにボルドーワイン会です。
テーマは2年後に東京都で開催される大イベントである東京オリンピックです。

「 えっ!東京オリンピックは2020年だからワインは関係ないのでは?」と思う方もいますが、確かに2020年は関係ないです。

関係があるのは、2020年の第2回東京オリンピックではなくて第1回の東京オリンピックです。

要するに、1964年です。
ご存知の方もいるとはボルドーでは1964年は良い年です。
東京オリンピックの年である1964年のワイン4本とこれ又ボルドーでは最高と言われる年の1961年のシャトー パルメを飲む会です。

既に何名さまかが、参加予定です。

開催場所
バー・オーディン 恵比寿店

開催日時
2月21日
1518360274914.jpg

1518360275348.jpg

1518360275833.jpg

1518360276279.jpg

1518360276771.jpg
(水) 19時~21時30分まで

参加人数 先着8名様 10名様までで終了
参加費用 直接問い合わせ下さい。

今回はフードは出す予定です。

ワイン

シャトー・モンローズ 1964年

1518360274131.jpg

シャトー・オーブリオン 1964年

シャトー・レオビルラスカーズ 1964年

シャトー・シバルブラン 1964年

シャトー・パルメ 1961年

皆様方のご参加お待ちしています。

| | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »