2018年6月12日 (火)

久しぶりに1800年代初頭のコニャック

久しぶりに1800年代初頭のコニャックの登場です。

テセロン 1825年

と言いましても、昔テセロン社の社長のアルフレッド・テセロン氏が、AE・Dorの社長のリビエール氏から1825年のコニャックをボンボンヌ(40リットル位のガラスの容器)ごと買ったのをテセロン社のカーブに保管しておいたのでした。そのボンボンヌから2本分移して僕が買いました。
そしてテセロン社のマスターブレンダー マシェーラー氏のサイン入りです。

1825年は徳川家斉の時代 家斉は正室と側室に生涯50人もの子供を産ませた精力絶倫のオットセイ将軍と言われ 徳川政権下で1番将軍の在位が長い将軍でした。
そして1825年は外国船打ち払い令の年でもあります。

諸外国の船が、日本近海に表れ通商を迫りトラブルが絶えないので外国船打ち払い令が発令されました。
当時アメリカ等の大国が通商を迫ったのは捕鯨の中継や補給で日本を基地にしたかったのです。
ですが、現在はその捕鯨反対の急先鋒がアメリカなのは、かなり矛盾していますね。

1639年に3代将軍家光が鎖国を発令しましたが、その186年後に家斉が外国船打ち払い令を発令したのでした。まさに歴史の背景が見ることの出来るコニャックですね。

ここ8年位でコニャックの値段は倍以上になりました。ですがウイスキーと比べれば可愛いもんです。ウイスキーは10倍や20倍とかは当たり前ですからね。 僕の予想通り最近1億円オーバーのウイスキーが出ました。利口な方はウイスキーからコニャック等のブランデーにくら替えしてバーで飲んでいる方もいます。
ですが、ウイスキーはそこそこあっても、なかなかまともなブランデーがバーにはないのが現実のようです。

飲みたい方はお待ちしています。
但しハーフ売りや回しのみはお断りします。あくまでも一人で楽しんで下さい。

売れれば利益になるしいいのでは?と思う方も多いと思いますが、此は商売ではありません。

同じコニャックであるAE・Dorの1840年は海外のサイトでは150万円位で売られてます。ですが此は1825年ですから更に古いです。仮に150万円としても1本につき2
1528756970533.jpg
0杯ほどしか取れませんから150万円なら1杯75000円が原価です。普通の商売や会社では原価の何倍取ってますか?と聞きたいです。

良心的な一杯での売値で15万円でかなりまともだと、思います。それよりかはるかに下回った金額なら誰も文句なんか言わせません。以前破格の値段で飲んでおきながら あーだこーだ言っている方が居たのでその人にはそれ以降レアなお酒は出してません。と言うか2度と出しません。


確かにお酒の飲む権利は誰にもあります。ですが飲むのが誰かを選ぶには店側にもあります。例えば5名様で来て4名様がカクテル頼んで、1名様がテセロンを頼んでテセロンを回し飲みとか 、こんな飲み方でまともに味など分かるわけありません。
少なくても僕はそう思います。

やはり価値観の分かる方のみに飲んで頂きたいです。

| | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

1964&1961年 ボルドーワイン会

先日のボルドーワイン会のテイスティングコメントです。

シャトー レオビルラスカーズ

外観

1964年とは思えないエッジはの濃い赤

香り

サンジュリアンの中でもトップのポテンシャルを誇るワインだと以前から思っていましたが、痛感出来るインパクトのある香りかも知れないラスカーズだ。酸味は穏やかでいて繊細ラスカーズの特徴をそのままにしたようなラスカーズかも知れない。石灰質のテロワールは繊細でいて華麗な香りを産む

味わい

口当たりはかなりしっかりとしていてある意味サンジュリアンぽくないワインのように感じるだ。ボディが厚いまるでアイアンマンの胸板のようだ。時と共に繊細でいて石灰質の味わいがしてくる断崖絶壁にある堅牢な中世の城のワインの用に感じる。余韻は何故かふんわりとした綿菓子のようだ

シャトー シバルブラン

外観

ガーネット?ルビー?嫌
とても見事な深い赤色

香り

シバルブランはサンテミリオンでは?この香りはサンテミリオンぽさは余りない。
どちらかと言うとポイヤックのラトゥールのような硬い味わいのニュアンスを感じる
鹿のなめし革やラズベリー系の香りが強く明らかに芯のある味わいのするワインだ。

味わい

口のなかにいれた瞬間は、かなりのボディの奥深さが感じる。やはり推測通りシバルブランの読んで字の如く白馬らしい華麗でいて気品溢れる白馬に乗った王子様ではなく鎧に身を包んだ屈強な円卓の騎士の様だ。だが時間がたつと少しずつ成長している。 白馬からドラゴンに変身してゆくようだ。余韻は華やかだが地球ゴマのように長く続く。シバルブランは1947年が最高傑作だが、1947年がキングオブシバルブランならこの1964年はクイーンオブシバルブランの称号を僕は与えたい素晴らしいワインだ!

シャトー・オーブリオン

外観
鮮やかなルビー色 どこかラズベリー色

香り
トップノートはなぜかパプリカのピクルス? 時と共にガラリと変わる水戸黄門の由美かおるの陽炎おぎんの変身シーンのように感じる。
カシスやラズベリーは勿論ベリー系がかなりの種類の集大成があり 古井戸の湿った風味もある
1519574579330.jpg

1519574580148.jpg

1519574580808.jpg

1519574581531.jpg

1519574582192.jpg

1519574582814.jpg

1519574583445.jpg

1519574584292.jpg

1519574585033.jpg

1519574585773.jpg

1519574586498.jpg


1519574578039.jpg

味わい

とても第1回目の東京オリンピックと同じ年のヴィンテージとは思えない躍動感が口の中に広がる。
かなり元気なワインだ。
ブーメランが口の中で回っている感覚のワインでもある。

後味はクリーミーな熟成したウォッシュチーズのようだ。間違いなくオーブリオンの歴史に輝くヴィンテージだと思う。

モンローズ 1964年

外観

濃い赤 薔薇色 国会議事堂の赤い絨毯よりも深い赤

香り

抜栓した瞬間 かなり香りが弱く感じた。時間と共に変貌するさまは、石川五右衛門や飛び加藤のような男性的で怪しげな雰囲気があるワインだ。
ペンキのようなオイリーなトップノートはかなり印象的でありインパクトがある。

味わい

やはりこのモンローズは素晴らしいの一言だ。52年の歳月を経てるとは思えないパワフルなワインであり。鎌倉の大仏のような重量感がある。だが喉ごしは滑らかつ華やかだ。 まるで東京オリンピック の選手団のパレードのようにも感じる。
そして後味は大谷選手の162キロの豪速球のようだが雄大な富士の樹海にも似た風味や難攻不落の真田丸の如く男性的だが洗練された。ワインでもある。
偉大なる金字塔の1964年のワインには敬服してひざまついて飲んでみたい。

シャトー・パルメ 1961年

外観

クリアーな朱色 風林火山の赤揃えかと思うくらい目立った朱色

香り

1961年とは思えない躍動感のある芳香な香りでいて 雄大でもあり 平凡だが煮詰めた莓のジャム カシスやラズベリーどちらかというと、餡子のような甘さを感じる
湿った水道管や藁葺き屋根の家にある桐の箪笥の木の香り

味わい

1961年はボルドーはいずれも最高の年だが、過去にもカロン・セギュール ラトゥール ポンテ・カネ マルゴー等飲んだがパルメの1961年は同じマルゴー村の5大シャトーでも、シャトー・マルゴーとは全く異なる味わいでもある。
インパクトとしては痛烈であって衝撃的 ヘーゼルナッツの様な甘味があり 滑らかかつ繊細 ベルサイユ宮殿の鏡の間のようにきらびやかだ。
舌の上でトリプルループや4回転ループのように回ってゆく 後味は55年の月日が走馬灯のように過ぎてゆく これが良い感じに熟成してきたと言うのだろうか? このパルメはやはりキングオブパルメかも知れない。偉大過ぎるパルメに乾杯!

料理は蝦夷鹿を使用したシンプルな料理にしました。
残念ながら猪鹿コンソメスープの撮影は忘れましたが(笑)

| | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

無農薬苺 入荷しました。

千葉県 南房総市から遠藤さんの苺が入荷しました。
僕にとっては当たり前ですが、完全無農薬です。

僕は苺は子供の頃食べた時期が4月の終わりとかに露地栽培の無農薬の苺を実家で趣味で父が栽培した思い出があるので2月から?と思っていましたが、地球の温暖化や品種改良などで季節が変わってきているそうです。

遠藤さんの苺の畑訪問は3年ほど前に行きましたが、南房総という温暖な場所ですが、海沿いと言うか海まで徒歩3分?なので風が強い為風よけの為にハウスにしてあります。ですが暖房はたいていませんので、路地栽培同然です。
そして完全無農薬です。

遠藤さんは、「 農業は楽しいですよ。そりゃ無農薬ですから苦労は絶えません。でも上手く栽培できて美味しくできるとたまらなく嬉しいですし 喜んで食べてくれるお客さんがいると本当に嬉しいです。」そんな話しを聞くだけで涙がこみ上げてくるのは僕だけなのでしょうか? 1度しかお会いしていませんがこの人の苺は、値段に関係なく一生使おうと心に決めました。」

届いたのは昨日ですがスタッフの一人が、
「 でも閣下この苺は幾らするのですか? 」

「 知らないなー 遠藤さんが一生懸命栽培しているのにいちいち値段なんか聞けるか! 申し訳ないだろうがでも確か1パ
1518376135538.jpg

1518376137185.jpg
ック 2千円はしないとは思うぞ。」

「 えっ!! 1パック2千円近くするのですか? 」
「 じゃあ例えばだが、いちいちオーダーするカクテルやウイスキーを幾らですか?
とか聞くお客さんに良いウイスキーやカクテルを出そうと思うか?」

「いえ それはー・・ 」

「だな。だから作りての方の苦労を考えたらいちいち値段何か聞けないよ。いつも言い値で買っているお客さんといつも細かく値段ばかり聞くお客さんとどちらにいい物を回したいのはどちらか分かるな?
だから値段何か聞かない。それが1番だ。」

苺は無農薬はフルーツの中でも栽培が、かなり困難なフルーツです農薬を50回から100回使用するのは通常です。そして大量の化学肥料
以前知りあいの有名シェフが、「 大根の畑に苺の散布する化学肥料をまくと大根に苺の香りがするんです。要するに市販の苺には香りが高くなるように化学肥料に合成香料が入っているのですね。怖いです。」
と言う話しを聞きました。

勿論遠藤さんの苺はそんなことは無縁です。

苺好きな方はお待ちしています。

| | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

1964年第1回東京オリンピックのワイン会!

結局フェイスブックとブログだけで、募集しましたが、直ぐに集まりました。
開催は決定的ですが、後2名様で満席になります。

宜しければどなたかお待ちしています。

久しぶりにボルドーワイン会です。
テーマは2年後に東京都で開催される大イベントである東京オリンピックです。

「 えっ!東京オリンピックは2020年だからワインは関係ないのでは?」と思う方もいますが、確かに2020年は関係ないです。

関係があるのは、2020年の第2回東京オリンピックではなくて第1回の東京オリンピックです。

要するに、1964年です。
ご存知の方もいるとはボルドーでは1964年は良い年です。
東京オリンピックの年である1964年のワイン4本とこれ又ボルドーでは最高と言われる年の1961年のシャトー パルメを飲む会です。

既に何名さまかが、参加予定です。

開催場所
バー・オーディン 恵比寿店

開催日時
2月21日
1518360274914.jpg

1518360275348.jpg

1518360275833.jpg

1518360276279.jpg

1518360276771.jpg
(水) 19時~21時30分まで

参加人数 先着8名様 10名様までで終了
参加費用 直接問い合わせ下さい。

今回はフードは出す予定です。

ワイン

シャトー・モンローズ 1964年

1518360274131.jpg

シャトー・オーブリオン 1964年

シャトー・レオビルラスカーズ 1964年

シャトー・シバルブラン 1964年

シャトー・パルメ 1961年

皆様方のご参加お待ちしています。

| | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

クロダンボネイ&ロマネ・コンティ会 無事に終了!

一昨日のクロダンボネイ&ロマネ・コンティ会で、
お客様のコメントに僕のコメントを少し足してみました。やはり学歴のあるかたのコメントは凄いですね。
僕なんか太刀打ち出来ません。

KRUG クロ・ダンボネ

2000,1998,1996、そしてロマネ・コンティ社のリシュブール 1989, ロマネ・コンティ 1985という頂点のワイン達の協演を8人で楽しむ狂宴。

KRUG クロ・ダンボネ 2000

ピノ・ノワールの香りやタンニンが織り込まれた極薄手のシルクのヴェールに包み込んでくれるようなワイン。抜栓後1時間経つとヴェールが解け、輝くダイヤモンドのような華やかさ明るさを発揮し始める。

抜栓したては、かなり酸が強く感じられましたが、時間とともに柑橘系でいて更に時間がたつと洗練された桃のような香りがこみあげてきた。 口当たりとは反比例した後味はやはりクリュッグの本質を忘れないゲレンデの雪景色が見えてくるシャンパンだ。

KRUG クロ・ダンボネ 1998

2000年とはうって変わって、色も黄金色に。ワイン体験もまったく種類の異なるもので、歴史ある洋館の暗がりを静かに照らすランプのような印象。どこまでも余韻が続き、他のヴィンテージと比べると甘みが強く、糖分がいつまでもユラユラと口蓋の中で揺れ続けているようだ。

2000年と比べると色合いが違う。何故なのかシャンパーニュの神のみ知りえるのあろうと思うきれいなパールゴールデンカラー
2000年より酸が穏やかでいてクリアーに感じる。少しだが貴腐ワインのイケムの様な天然の甘味が感じる味わいでいて 雪解けのような繊細な後味でもある。

KRUG クロ・ダンボネ 1996
口に含むと上顎から抜けていく酸の旨味が涙腺にまで至る。胸から上のすべてが悦びに踊る。酸味は一番しっかりとしている。恍惚としすぎて手の力が抜け、グラスを落としそうになる。

シャンパーニュとして1996年は当たり年であり どこの作りてもしっかりとした品質が保ててるヴィンテージでもある。抜栓したては少し拍子抜けした。ボディは軽く感じたからだが、時間とともにマグマが出てきて噴火山のごとく味わいがはっきりとしてきた。最終的は完成された超合金のマジンガーZのごとくしっかりとしたシャンパーニュに変貌した。今はミスユニバース日本代表あと5年たてば、ミスユニバース優勝になれる素質も備えてシャンパーニュだ。

DRC リシュブール 1989
薄くどこまでと伸びやかに広がっていく。和の出汁のニュアンスがありながら輝かしさ、明るさがある。染み入るニュアンスもあり、妖艶さもある。グラスを傾けた時の仄かなオリの動きさえ魔術的な魅惑を感じさせる。

やはり香りだけでもうっとりしたくなるワインかも知れない。安心する。
外観
クリアーなルビーレッド

香り
ピノノワールの典型的なナッツの香り カシューナッツとローストしたアーモンド やはり香りだけでもうっとりしたくなるワインかも知れない。安心する。

味わい
口当たりはしっかりとしたボディを感じられる。リシュブールの観念が少し変わった感じがある。洗練ではなく堅牢な要塞の様なワインだ。ナバロンの要塞なのか? 後味は震電が目の前を通りすぎていくようだ。

ロマネ・コンティ 1985
唇を通過した瞬間に口蓋の中で全方位に一気にボンッ!と広がる。1990年代のボルドー右岸を想わせるような力強いタンニン。凄まじい存在感だが、一方でリシュブール 1989のようにその場で素直に感動して楽しめるかというと、少し難しいところもある。しかしこうして翌日に思い出してみると、あの存在感とまた触れてみたく
1517222306263.jpg
もなるような不思議な魅力を持つ。

外観
リシュブールと比べるとクリアー感は少なく 少し濃いルビーレッドでもある。

香り
トップノートでは、一言思わず 「 次元が違う 」と呟いてしまった。
炭火でローストしたカシューナッツ ピノノワールと言うよりもメルローの様なニュアンスが強いフレーバーでして大地に根をはる屋久島の巨木や伊勢神宮のご神木の様な存在感のある香りは忘れることはないだろう。

味わい
久しぶりにコメントが困るワインだ。口の中ではじけ飛ぶ要素と惜しむべきは織田信長に謀反し松永久永は今で言えば城一つ並み以上の価値のある蜘蛛の茶釜と共に爆発したように、このワインを飲んだ瞬間「 開けなければ良かった 」と後悔したくらいでもある。爆発したワインでもあり素晴らしいの一言である。今回の参加者の中には1985年のロマネコンティは何回も飲んだ方がいましたが、以前飲んだ時は抜栓して1時間以上たっても硬くてどうもピンとこなかったけど この1985年はこなれた感じでいい熟成具合です。ありましたが、歴史を振り返ると、1985年まではロマネコンティは3つの樽を別々にして瓶つめしていましたが、1986年から3つの樽をブレンドして瓶つめするようになりました。それだからかも知れません。 余韻が翌日の今でもあるので脅威的なワインだ。

| | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

年末年始の営業のお知らせ

今年も早いもので今日と明日のみとなりました。早いものです。今日と明日を通常営業で、
1日~4日までをお正月休みとさせて頂きます。

年始は2018年は5日から通常営業とさせて頂きます。

明日の大晦日は毎年恒例の自家製蕎麦つゆ で限定20食で年越し蕎麦をお出ししています。

店主菊地は、18時より蕎麦を出していますので、お近くにお寄りの際にはご来店お待ちしています。

2017年を何とか無事に営業できたのも皆様方のお陰だと日々感謝しております。来年で開店23年を迎えますが、更に進歩した究極のバーを目指す所存です。

どうか皆様2018年も宜しくお願いします。

BAR オーディン 菊地貴彦

1514623775204.jpg

| | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

アカデミーデュヴァン ウイスキーとスイーツ講座 第三回

今週のアカデミーデュヴァンのウイスキーとスイーツ講座で生徒さんに試飲して頂いたウイスキーです。

サプライズプレゼントで台湾のカヴァランのシェリー樽熟成が生徒さんの1人が持ってきて頂きました。

僕の講座では前代未聞のスコットランドのウイスキーがない講座でした。

右からアイルランドのディーリング

インドのアムリット

アメリカのキングスカウンティ
日本のイチローズモルト

カナダのポッター
台湾のカヴァランのワイン樽熟成 同じく台湾のカヴァランのシェリー樽熟成 と全部で7本

スイーツは、トシヨロイズカ ジョボー ブルティグラ ヴィロンのチョコタルトでした。

しかし今回のウイスキーのブラインドテェイスティングかなり至難でした。

正直言いますと、僕でも自信ありません。僕自身も良い勉強になりました。


1514013665511.jpg

1514013667554.jpg


| | トラックバック (0)

蝦夷野うさぎ!

久しぶりに蝦夷野うさぎのモモ肉の炭火焼き かなり美味しいですよ。1匹しかありませんから勿論もも肉ですから2本のみですから残り1本です。

でもお客様によく聞かれますが、「 どうやって料理するのですか?」
「 炭火でじっくり焼きます。ですから時間は掛かります。」
「 えっ! 炭火?」と皆さん目を白黒します。

うちのバーは数少ない炭火のあるオーセンティックBARかも知れません。
でも最近は羆掌や羆の脳みそを出してみたり 上海蟹の老酒漬け出したり 大間の本鮪出しても驚かないので、うちの常連さんに聞いて見ると

「 ここまで来るともう何見ても驚かなくなりました。」

1514013313693.jpg

と言うわけで 本業?であるクリュッグのクロダンボネとロマネコンティ会を1月24日に開催する訳ですが、(既に開催決定)これは相当サプライズのようでした。

| | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

クリュッグクロダンボネ とロマネ・コンティの会

久しぶりにワイン会の開催です。

以前クリュッグのクロダンボネー 1,996年 1,998年 2,000年の3本飲み比べの会を企画しましたが、参加希望者はいましたが皆さん多忙な方多く人数的にきつかったのです。 

常連の変態ドクターのお客様が、「 他に何か赤ワインとかは?」と言うので、
「 値段を考えなければロマネコンティ1,985年とかリシュブール1,989年とかもありますが・・・・」
「 それにしましょう!」となり開催しようとなりました。

facebookで発表する前に何名かのお客様が参加希望の方がいまして
もし参加希望の方がいればお待ちしています。
ネットで検索すればお分かりだとは思いますが、総額350万円以上はするはずです。

1513332213760.jpg

開催日 1月24日(水)

場所 BAR オーディン 恵比寿店

時間  19時~21時30分位まで

銘柄 クリュッグクロダンボネ 1,996年 1,998年 2,000年
   DRCリシュブール 1,989年 ロマネコンティ 1,985年

参加費用は メールなどで問い合わせ下さい。


| | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

ザ・グレンリベット オールドボトル

グレンリベット 赤玉 12年

1960年代後半から70年代前半瓶詰めです。
熟成年数は12年ですが、今のグレンリベットの21年とかよりも遥かに美味しいです。

グレンリベットは1977年にカナダのシーグラム社に買収されました。
そして大規模な改修工事と当時の最新技術を用いて 大量生産になりました。
今ではスコットランドの蒸留所では当たり前である 24時間稼働 コンピューター制御の蒸留所でなく工場となりました。

そのお陰で世界中に売られる様になりました。 そして大手の酒販メーカー シーグラム社がスポンサーの為 あらゆるマスコミに大金を投じて宣伝されました。9年ほど前にフランスのペルノーリカールが買収して現在に至ります。

一方で味は随落の一途であり この12年のグランリベットは味や香りは現在のグランリベットとは別物でありここまで違いものか? と思うぐらい違います。

結果論で言うと昔のグレンリベットは美味しい!となりますね。
今の超モルトバブルだとかなりの金額です。

1513241386139.jpg

1513241386890.jpg

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧